タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

冷暖病とはどんな病気なの?詳しい症状や対策法などを紹介!

冷暖病とはどんな病気なの?詳しい症状や対策法などを紹介!

冷暖病とはどんな病気なの?詳しい症状や対策法などを紹介!

皆さんは冷暖病という病気について聞いたことはありますか?意外にも身近に潜んでいる病気であり、世代問わず多く人が悩まされている問題です。今回はそんな冷暖病について詳しく解説していきます。対策法についても紹介するので、是非取り入れてみてください♪

冷暖病とはどんな病気なの?詳しい症状や対策法などを紹介!

皆さんは冷暖病という病気について聞いたことはありますか?意外にも身近に潜んでいる病気であり、世代問わず多く人が悩まされている問題です。今回はそんな冷暖病について詳しく解説していきます。対策法についても紹介するので、是非取り入れてみてください♪

そもそも冷暖病って何?

「冷暖病」と言われても、具体的にどんなトラブルなのかをイメージできる人は少ないのではないでしょうか。まずはどのような病気なのかを知っておきましょう。知識を増やすことで、より本格的に対策できるようになります。

冷え性による体調不良のことを言う

冷暖病は真夏になりやすいと言われている、「冷え性」のことを言います。夏になると室温を下げるためにエアコンを使ったり、極端に薄着になったりなど、様々な暑さ対策を行う人がほとんどです。しかし冷やしすぎると体が温度変化に適応できなくなってしまい、慢性的な冷え性を引き起こしてしまいます(>_<)

冷暖病は俗称として使われていますが、医学的に解説すると自律神経失調症の症状として診断される病気です。別名「クーラー病」と呼ばれることもあり、それだけ多くの人が空調機器による影響を受けているのです。

対策をしないと冷暖病に!

「自分は冷暖病にならない!」と思っていても、ある日急に冷え性を発症してしまうことは誰にでも起こりうることです。特に長時間室内で過ごすことが多い場合は、空調機器のひんやりした風で体を冷やしてしまい、体調不良を引き起こすことも考えられます。

また、エアコンを付けた状態で睡眠を取る場合も、冷暖病になる可能性が高くなります。人間は睡眠中に体温が低くなるという性質があるので、尚更冷えてしまうので注意が必要です。夏になると布団やタオルケットを使わずに眠る人も多く、冷暖病のリスクが高まります。

冷暖病の症状について

意外にも身近に潜んでいる冷暖病ですが、具体的にどのような症状が現れるのでしょうか。体にどのような変化が見られるのかを把握しておけば、自分が万が一冷暖病になったときにすぐ判断ができるようになります。いかに冷暖病が危険なのかを知ったうえで対策をすることが大切です。

まるで風邪のような体調になる

熱は無いのにせきや鼻水などの症状がある場合は、冷暖病の可能性があります。エアコンを長時間かけていると、室内の空気が徐々に乾いていくので、体内の粘膜もカラカラに乾燥してしまうのです!その結果風邪をひいたときと同じ症状が現れます。

粘膜が十分に潤っていないと、ウイルスの侵入を防ぐことができなくなります。すると本当に夏風邪をひいてしまうケースも多く、体調不良の原因になりがちです。たかが粘膜の乾燥と思って、侮ってはいけません(ー_ー)!!

生理不順や生理痛の悪化を招く

冷暖病になると体の冷えによって、血行が悪くなるという特徴があります。女性は体が冷えるとホルモンバランスが崩れやすくなり、その結果生理不順や生理痛の悪化などのトラブルが起こる可能性があります。

特に生理痛の悪化は非常に辛いもので、痛み止めが手放せなくなってしまいます。体内が冷えると卵巣の働きが悪くなり、子宮の収縮が強くなってしまうのです。体を温めると生理痛は症状が緩和されると言われていますが、一度冷暖病になってしまうとすぐに体は温まりません…。

全身のコンディションが悪くなる

起床時からずっとだるい、常に倦怠感を抱えているなど、全身への症状に発展します。体にエネルギーが足りていない状態だと、睡眠の質が悪くなってしまい、他の症状を引き起こすことも十分考えられます。

これらの問題は、冷暖病によって内臓が冷えることが引き金となっています。内臓が冷えると胃腸の調子が悪くなることもあり、下痢や消化不良などにも悩まされがちです。しかも常に倦怠感がある状態なので、日常生活に支障をきたしてしまうなんてことも…。

体がむくみやすくなる

体内の水分や老廃物などは、血行が良い状態だとスムーズに排出されます。しかし体が冷えてしまうと循環が悪くなり、体内に余計なものが蓄積してしまうのです。冷暖病になると手足や顔などのむくみは、特に目に見えて分かる症状と言えるでしょう。

むくみはマッサージや入浴などで比較的すぐに解消できますが、冷えが続くと何度でも同じ問題が起こってしまいます。引き締まったボディから遠ざかってしまうので、美容の観点から見ても避けたい症状です。

肌荒れしやすくなる

顔には老廃物が溜まるものですが、血行が悪いとうまく排出されなくなり、その結果吹き出物ができてしまいます。また、スキンコンディションを保つためには、肌の温度を適温に保つことが大切です。しかし冷房によってあまりにもひんやりしていると、乾燥を招いてしまいます。

血行が良く無いと肌細胞の元気がなくなってしまい、モイスチャーバランスを崩してしまいます。調子が悪い肌はニキビや炎症なども起こりやすいので、美肌ケアをしている女性にとって大敵なのです(>_<)

冷暖病は簡単に対策ができる!

様々な症状が起こってしまう冷暖病を、なんとしても避けたいという人は多いのではないでしょうか。多くの問題が起こりやすい冷暖病は、簡単に予防対策することが可能です!日常生活に取り入れて、冷えとは無縁の生活を送りませんか♪

羽織るものを持ち歩く

夏になると半袖やノースリーブを好んで着てしまいがちですが、肌の露出しすぎるとどんどん体が冷えてしまいます。まずは室内でさらっと羽織れるような、薄手のカーディガンを着用してみてください。コーディネートの一部としても活躍してくれるファッショアイテムなので、上手に使いこなせばおしゃれ上級者になれちゃいますね♪

また、ストールを使うのもおすすめです。カーディガンよりもかさばりにくく、カバンに入れておけば冷えが気になったときにすぐに使えます。どちらも肩や首元などを温められるので、体温低下の予防にぴったりです。

カイロや湯たんぽも効果的

冷えてしまった身体を本格的に温めるなら、カイロや湯たんぽを使いましょう。カイロはオフィスやお出かけ先でも手軽に使うことができ、100均でまとめ買いできるのが魅力です。持ち運びタイプや衣類に貼るタイプなどを併用すれば、より冷えから身体を守れるので安心です♡

湯たんぽはお家でのリラックスタイムにおすすめです。(^^♪ポカポカと温かな状態が長続きするので、癒やし効果が期待できます♡手元や足元など、冷たくなっている部分に当ててみてください。

運動やストレッチもおすすめ

冷え性は血行が悪くなると説明しましたが、これは長時間座っていることにも同じことが言えます。特に座った状態でのデスクワークは、冷暖病を招きやすいのです。これを避けるためには、日頃から体を適度に動かす習慣を付けておきましょう。

運動は決してハードなトレーニングである必要はありません!例えば軽くウォーキングをしたり、ストレッチで屈伸をしたりする程度でも体は温まります♬

バスタイムで体の内側から温まる!

お家ケアとしては、毎日の入浴が効果的です。夏場はシャワーのみで済ませてしまいがちですが、これでは体を温めることができません。どんなに暑い日でも、必ず浴槽につかるようにしましょう。

特に37度ほどのぬるま湯で半身浴をすると、じんわりと体が温まっていきます。バスタイムの際に入浴剤を使って、リフレッシュするのも楽しいですね♪

腹巻きでお腹がポカポカ♪

腹巻きは冬だけではなく、暑い夏場にも活躍してくれるグッズです!上に衣類を着用していれば、周りから気付かれてしまう心配がないので、毎日使うことをおすすめします。最近は蒸れにくいタイプの夏用腹巻きがあり、汗をかきやすい人も快適に使えますよ(^^)(^^)

薄手で吸水性が優れているタイプは、特に気持ちよく使えます。お腹が温まっていれば、内臓の冷えも予防することができるので、生理痛対策に最適です♪

マスクを着けて顔の冷えを防ぐ!

マスクには保温効果があるので、顔全体がひんやりするのを防いでくれます。炎天下でマスクをすると暑くなってしまいますが、室内にいる間は着けておくべきです。特に最近はウイルス対策が必須の状況となっているので、感染予防という意味でもマスクは手放せません。

マスクをしていると、冷暖病による粘膜の乾燥を和らげることも可能です。乾きを解消して潤いを与えてくれるので、喉の渇きを感じたときは早めに実践してみてください。

食べ物でも冷え性対策ができる!

ここまで紹介した方法以外にも、食生活を変えるという対策法があります。美味しく食べるだけで冷え性を防ぐことができるなんて、便利で嬉しいですよね♪毎日食べる食事メニューを意識して、冷えから体を守ってみてはいかがですか?

ホットドリンクを飲む

温かいドリンクは、身体をポカポカと温めてくれます。白湯やホットコーヒー等、温かい飲み物ならなんでもOKです♪

ただ、ホットドリンクは一気に飲まないように注意してください。胃に負担がかかるだけではなく、体が十分に温まりきらない可能性があります。ゆっくり飲んだほうが体温も徐々に変化していくので、芯からポカポカの状態になれるんですよ(´ω`)(´ω`)

生姜で体を温める

生姜には体を温める効果があり、健康や美容にも良い食材として知られています。そんな生姜を日頃からできる限り食べるようにしていれば、冷暖病を効果的に防ぐことができますね。ピリッと刺激的な生姜なら、様々な料理の隠し味として使えます。

おすすめなのが、生姜をたっぷり入れた野菜スープです。野菜のビタミンをたっぷり摂取しながら、ほかほかのスープでより効率よく温まることができます。美味しく寒さ対策ができる、うってつけのレシピです。好みでチキンやベーコンを入れて、アレンジを楽しんでみてください♡

冷暖病から体を守ろう!

冷暖病は誰にでも起こりうるトラブルですが、その分対策法が豊富にあります。どれも簡単に実践できるものですし、面倒臭がりな人も楽しく続けられる方法ばかりです。まずは自分の生活スタイルに合ったものから始めてみませんか(^_^)

TOP