タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

肌荒れと食事との関係性は?効果や注意点などを徹底解説!

肌荒れと食事との関係性は?効果や注意点などを徹底解説!

肌荒れと食事は深く関係していると言われています。具体的にどのような関係があるのかを知っておくことで、肌荒れの予防改善ができますよ♪食事によって得られる効果についても解説していくので、ぜひチェックしてみてくださいね(*´ω`*)

肌荒れと食事は深く関係していると言われています。具体的にどのような関係があるのかを知っておくことで、肌荒れの予防改善ができますよ♪食事によって得られる効果についても解説していくので、ぜひチェックしてみてくださいね(´ω`)

肌荒れと食事にはどんな関係がある?

肌荒れと食事の関係性は、とても深いことをご存じですか?私達が食べたものは、肌に対して影響を与えているんですよ(`・ω・´)関係性についてしっかり知識を得ていれば、きっとバランスのとれた食事が食べたくなってきますよ♪

食べたものが身体に影響する!

私たちの身体は、食事で摂った栄養素の影響を受けています。カルシウムが骨を丈夫にして、乳酸菌がお通じに良いように、肌の調子も食べたものが影響を与えているんです!だからこそ食事の内容によっては、肌荒れを予防できたり、逆に肌荒れが悪化したりすることもあります。

食事は身体の内側から、知らない間に影響を与えています。普段自覚することは無くても、今のお肌は食事によって作られていると言っても過言ではありません。スキンケアを頑張っていても、食事メニューに偏りがあると、肌荒れしてしまうものなのです(>_<)

食事が偏るとニキビができることも!

女性なら誰もが避けたい肌荒れの代表は、やはりニキビですよね!このニキビも食事内容によっては、できやすくなる場合があるんです(:_;)食事が偏ると、ターンオーバーが正常ではなくなってしまい、その結果毛穴詰まりを起こしてしまいます。そのまま月日が経過すると、毛穴が炎症を起こしてニキビができてしまうのです。

ターンオーバーの乱れは、エイジングサインの加速にも深く関係しています。バランスが整った食事は、若々しくいるためにも大切な要素なのです。

肌荒れしやすい食べ物は?

実は食材の中には、肌荒れしやすいと言われているものがあるんです!食べすぎなければ問題はありませんが、毎日大量に食べてしまっている場合は注意が必要ですよ(>_<)キレイな肌を維持するためにも、どんな食べ物に注意する必要があるのかを知っておきましょう。

油っこいもの

油っこい食べ物は、例えば揚げ物やスナック菓子などです。これらには脂質が多く含まれているのですが、この場合は皮脂分泌を活発にしてしまう恐れがあります。外食をした後にニキビができたという話がよくありますが、これは脂質が深く関係していることが考えられますよ!

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まってニキビができてしまいます。毎日脂質を取り続けてしまうと、尚更ニキビが治りにくくなるため、色素沈着する可能性も考えられるんです(:_;)ニキビ跡は絶対に避けたいですよね!

お菓子

おやつの時間にはお菓子が食べたくなってしまいますが、これも肌荒れの原因になりやすいのです。お菓子には脂質だけではなく、糖質が含まれていることが多いのですが、これも皮脂分泌量増加の原因になります。

特にスイーツの中でも人気があるチョコレートには、脂質と糖質がどちらもたっぷり含まれています。少量では問題ありませんが、食べ過ぎるとニキビができやすくなる恐れがあるんです!甘いお菓子が好きだとつい食べてしまうものではありますが、食べる量や頻度は気を付けなければなりません。

お酒

肌を健やかに保つためには、ビタミンBという栄養素が必要不可欠です。しかし、お酒に含まれているアルコールは、なんとこのビタミンBの吸収を邪魔してしまうのです!せっかく野菜やフルーツなどでビタミンBを摂取しても、体内に吸収されなければ意味がありません。

しかもカクテルやチューハイなどには、糖質が含まれています。アルコールは血行が良くなるという特性がありますが、毛細血管が広がりつつ、皮脂がたくさん分泌されるという結果になってしまうのです(:_;)

香辛料

料理のアクセントになる香辛料も、肌荒れの原因になりやすいのです!香辛料は胃腸を少なからず刺激してしまうものなのですが、ダメージを受けることで栄養の吸収が悪くなってしまいます。肌の健康維持に良い栄養素も、十分吸収されなくなってしまうんです(:_;)

特に、香辛料で代表的な「カプサイシン」という成分は、大量に摂取すると胃腸に負担を与えてしまいます。肌荒れの原因になるのはもちろんですが、お腹を壊してしまう場合もあるので、食べすぎには注意が必要ですよ!

コーヒー

コーヒーに含まれているカフェインは、よく「摂りすぎ注意」と言われていますよね。カフェインの過剰摂取は、不眠症や下痢などの症状を引き起こす可能性があります。体調が悪くなると、肌のターンオーバーも乱れていくので、結果的に肌荒れしてしまうのです。

さらに、コーヒーにもビタミンBの吸収を抑える力があります。お酒と同様に、飲みすぎに注意しないといけません。どれだけ美味しくても、毎日何杯も飲むことは控えましょう(>_<)せっかくの栄養素が無駄になってしまいますよ!

肌荒れを招いてしまう食習慣とは?

日頃どのように食事を摂っているのかも、肌荒れと関係があります。これから紹介するポイントを意識するだけでも、かなりお肌がキレイになっていきますよ!自分の生活習慣に当てはまっていないか確認してみましょう。

食べ過ぎる

美味しいからと言って食事を食べすぎたり、間食を増やしたりしていませんか?最近は在宅ワーカーが増えているので、好きなときにおやつを食べられるようになりましたよね。しかし、食べすぎは肌荒れの原因になってしまうので、量は常に気を付けなければなりません。

食べ過ぎると胃腸に負担がかかってしまい、体調不良を引き起こします。ターンオーバーの乱れはもちろん、肌のくすみや血行不良など、様々なトラブルの原因になるのです!たくさん食べるのは悪いことではないのですが、苦しくなるほど食べるのはやめましょう!

食事のバランスが悪い

健やかで美しい肌を作るためには、様々な栄養素を摂る必要があります。だからこそ、食事の栄養バランスは、とても重要なのです!自分の好きなものばかり食べたり、ダイエットのために炭水化物を抜いたりすると、肌荒れしやすい体質になってしまいますよ(:_;)

また、肌に良いと言われているビタミンばかり摂るのもNGです。全ての栄養素は、私たちの身体にとって必要なものなので、バランスよく摂ることが大切ですよ!場合によってはサプリメントを活用して、足りない栄養素を補うのも良いでしょう。

食事を抜く

極端なダイエットをしている人は、食事を抜いてしまうことがありますよね。この極端な食事制限も、肌荒れしやすい習慣となります。食事を抜いているため、肌に必要な栄養素を摂取することができず、どんどんバリア機能が低下してしまうのです!

また、食事を抜くと体内のエネルギーが無くなってしまい、元気に活動することができなくなります。コンディションが悪くなると体調不良を引き起こし、結果的に肌荒れしやすい状態になるのです(>_<)痩せたいからと言って、食事を抜くのはやめましょう!

肌荒れ予防に効果的な食べ物を紹介!

肌荒れ予防に効果的な食べ物を、いくつかピックアップしてみました!毎日の食生活に取り入れるように心掛ければ、美肌効果が期待できちゃいますよ♪ツヤツヤで美しい肌を維持するためにも、積極的に食べるよう心掛けてみてくださいね(^^)

ヨーグルト

ヨーグルトは、おやつやデザートなどにも人気があります!とても美味しいヨーグルトですが、なんと肌再生機能の向上効果が期待できるんですよ(´ω`)ビタミンBが含まれているのですが、新陳代謝を活発にすることで、肌の生まれ変わりが促進されるのです!

最近は低カロリーなヨーグルトが数多く販売されています。ダイエット中でも罪悪感なく食べられますよね♪さらに、ヨーグルトに含まれている乳酸菌には、お通じをスムーズにしてくれる力があります。近年女性の間で流行している、腸活にもおすすめの食品ですよ!

アーモンドミルク

アーモンドミルクはすっきりとしていて飲みやすく、アーモンドの優しい香りが楽しめます。そんなアーモンドミルクには、抗酸化作用があるのです!肌の老化現象の原因になっている活性酸素を抑えられるので、エイジングケアにピッタリなんですよ(´ω`)

アーモンドミルクはそのまま飲んだり、料理に使ったりなど、アレンジ幅が広いですよね。例えばホットココアにアレンジすると、就寝前のリラックスタイムをぜいたくに過ごせちゃいます!美味しく肌荒れ対策ができるので、とてもおすすめの食品ですよ(^^)

野菜

野菜はビタミンやミネラルなど、キレイな肌作りに必要な栄養素がたっぷり含まれています!しかも低カロリーなので、たくさん食べても太る心配がありません。旬の野菜はとても美味しいので、必ず毎日食べるように意識しましょう。

1日に野菜を350g摂るのが理想と言われています。サラダや野菜スープなどを食べるように気を付ければ、決して不可能な数値ではありません。しかし、どうしても難しい場合は、野菜ジュースを飲むのがおすすめです。野菜に含まれている成分がギュッと詰まっていますよ♪

食事で肌荒れは予防できる!

いかがでしたでしょうか。食事の内容や食べ方などによって、肌の調子を大きく左右することが分かりましたね!肌荒れの原因だけではなく、肌荒れの予防効果がある食事についても、ポイントを押さえることができました。ぜひ日頃の食生活で気を付けてみてくださいね(^^)

TOP