タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

豆乳は美容に良いって本当?理由や豆乳を使った簡単レシピを紹介!

豆乳は美容に良いって本当?理由や豆乳を使った簡単レシピを紹介!

女性に嬉しい栄養素がふんだんに詰まっていると評判の豆乳。しかし「具体的にはどんな効果が期待できるの?」と疑問を感じますよね。 本記事では、豆乳が持つ美容効果と豆乳を使って自宅で簡単に作れる豆乳レシピを紹介します。毎日の食事に豆乳を取り入れて素敵な自分をキープしてみませんか。

女性に嬉しい栄養素がふんだんに詰まっていると評判の豆乳。しかし「具体的にはどんな効果が期待できるの?」と疑問を感じますよね。

本記事では、豆乳が持つ美容効果と豆乳を使って自宅で簡単に作れる豆乳レシピを紹介します。毎日の食事に豆乳を取り入れて素敵な自分をキープしてみませんか。

豆乳に期待できる美容効果は3つ

ここではまず、豆乳を食生活で取り入れることで期待できる効果を3つ紹介します。豆乳は「アンチエイジング」「ダイエット」「お通じ」に効果が期待できます。

効果①アンチエイジング効果

豆乳に含まれるビタミンEは、アンチエイジングにも効果があると言われています。このビタミンEは、脂肪の過酸化を防いだり細胞膜を強化したりすることができ、呼吸器や内臓を強くすることができます。

さらに、血行をよくする作用もあるため美肌効果を期待できたり、ホルモンの分泌を盛んにしてアンチエイジングを促進するといわれています。

効果②ダイエット効果

ダイエットで痩せやすい体を作るためには、タンパク質の摂取が必要です。豆乳には大豆タンパク質が豊富に含まれているため、ヘルシーに痩せやすい体作りが期待できます。

また、大豆タンパク質はゆっくり消化する特徴があり、満腹感を得られるため完食予防にも効果が期待できるでしょう。

効果③お通じ改善に効果的

豆乳には大豆由来のオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は、腸内環境を整えてくれる「ビフィズス菌」「乳酸菌」の栄養になります。

腸内環境が整うと、善玉菌を増やして免疫力を高めることができるため、便通を良くする効果が期待できます。

調整豆乳と無調整豆乳どっちが良いの?

「豆乳を取り入れよう」と決めてスーパーに向かうと「調整豆乳」「無調整豆乳」の表示に悩む方もいますよね。日本農林規格によると「調整豆乳」は大豆固形分6%以上のものを指します。一方で「無調整豆乳」は大豆固形分8%以上のものを指しています。

ここでは、自分が選ぶ豆乳の判断基準を紹介します。好みや効果によってうまく使い分けましょう。

大豆だけを摂取したい場合は「無調整豆乳」

豆乳のクセが気にならない方や、少しでも大豆成分を効率的に摂取したい場合は無調整豆乳がおすすめです。無調整豆乳でも、加熱する場合にはクセを感じることなく摂取できます。

苦味や独特の風味が苦手な場合は「調整豆乳」

無調整豆乳の場合、苦味や独特の青臭さを「苦手」と感じる方もいますよね。その場合は大豆の含有量が少し低めの、調整豆乳を選択しましょう。

豆乳を使って!おすすめレシピをご紹介!

最後に、ここからは豆乳を使ったおすすめレシピを3つ紹介します。どれも簡単に作れる上に、豆乳独特のクセを感じず摂取できるものばかりです。

お子さまがいる家庭でも取り入れやすいため、ぜひお試しくださいね。

①豆乳ココア

最初に紹介する豆乳ココアは、子どもと一緒に飲める優しい甘さの豆乳レシピです。用意するものは、市販の粉末ココアと豆乳120mlだけ。

レンジで温めた豆乳にココアを入れるだけで、簡単に作れます。調整豆乳を使うと、独特のにおいを感じることなく楽しめます。

②豆乳シチュー

2つ目の豆乳シチューも牛乳を豆乳に変えるだけの簡単レシピです。市販のシチューミックスの作り方で作っていき、牛乳の代わりに豆乳を同量いれます。

無調整豆乳で作ってみましたが、臭みを感じることなく美味しく食べられました。

③かぼちゃの豆乳煮

最後は和風テイストで豆乳を取り入れます。豆乳とめんつゆを適量入れて煮込んだ「かぼちゃの豆乳煮」は、一見不安になる組み合わせですが、めんつゆの効果でさっぱり美味しく食べられます。

「かぼちゃだけだと物足りない」と感じる場合は、一緒に鶏肉を煮込んでも良いかもしれませんね。

まとめ:豆乳は摂取量に気をつけながらうまく取り入れよう

今回は美容に効果的な豆乳について紹介しました。豆乳はアンチエイジングや便秘解消など、女性にとって嬉しい食材です。

また、洋風から和風まで様々なレシピに取り入れることが可能なため自宅で気軽に投入レシピにチャレンジしてみましょう。「一度にたくさん摂取しよう」という気持ちではなく、「1日の中で無理なく摂取」を心がけるとストレスなく豆乳を取り入れることができますよ。

TOP