秋の紫外線をしっかりガード!日傘を使って紫外線をカットしよう

秋の紫外線をしっかりガード!日傘を使って紫外線をカットしよう

秋の紫外線は、夏の暑さを経験した直後だからガードが緩くなりがちです。 しかし、秋の紫外線は決して弱いわけではありません。 今回は、秋の日傘の使用についてご紹介します。 日傘の知識をつけて、秋の紫外線をガードしましょう。

秋に日傘を使うのってアリ?

夏の暑さが過ぎ去ってしまうと、過ごしやすい秋がようやく到来します。
涼しくなると紫外線への意識が低くなりやすいので、紫外線対策をせずに外出してしまうこともあるでしょう。

ちょっとのお出かけだからこそ、秋の紫外線対策には日傘がおすすめ!
どんな効果が得られるかを要チェック。

秋の紫外線は弱くない

秋は日差しが刺さるように降り注がないため、紫外線も弱くなっていると思いやすい季節です。

たしかに夏の紫外線よりも紫外線量は少なくなりますが、決して少ないとはいえない紫外線が降り注いでいます。

油断してしまうと、思わぬ日焼けをしてしまうこともあるので十分注意してください。
11月に入って太陽光が弱まって、紫外線対策を少し緩めましょう。

秋に日傘を使うのは有効

秋の紫外線対策を行う際、日傘は欠かせないアイテムです。
昨今は夏が長く、秋は短め。
長期間強い紫外線が降り注ぎ、気温も高めなので、通気性のよい日傘は夏だけでなく秋にもぴったりです。

色や柄、大きさや雨のときも兼用で使えるものなど、いくつか種類をそろえておくと飽きずに使いまわせますよ。
家族で使えるよう、男女兼用のものを持っておくと重宝します。

日傘だけでは紫外線は防ぎきれない

夏と秋では、日差しの角度が若干異なります。
照り返しなどの面を考慮すると、真夏よりも紫外線が弱いといっても秋は油断できません。

秋の紫外線は、夏同様にしっかりとガードするのがおすすめ!
日傘だけではガードしきれないほど紫外線が降り注いでいるということを知り、日傘と併せて複数のアイテムを活用しながら紫外線から肌を守りましょう。

日傘の使用期間の目安と寿命

日傘が紫外線をガードできる期間の目安は、どれくらいなのでしょうか。
日傘は雨天用の傘と違って、紫外線をガードできる期間が設けられています。
できるだけ長い期間使用する方法と併せて、日傘の寿命について確認してみましょう。

日傘の一般的な使用期間

日傘の使用期間は、4~5月から10月くらいまでであることが大半です。
4~5月は寒さが和らいで外出の機会が増える時期であり、紫外線も徐々に強くなってきます。

しかし、紫外線が3月ごろから強くなり始めているため、地域によっては3月からの使用がおすすめ!

10月以降、11月の日中も紫外線は降り注いでいるので、日傘の使用を検討してみてください。

日傘を長持ちさせるコツ

日傘の紫外線カット力は、永続的に機能し続けるわけではありません。
できるだけ日傘を長く使うためには、コツがあります。

まずは、大切に使うということです。
雨天時の使用を避け、付保だ傷んでしまわないように管理しましょう。

紫外線カットスプレーを適度に傘に使うことで、紫外線をカットする効果が長続きしやすくなりますよ。

日傘の寿命

日傘の紫外線カット効果が継続する期間は、2~3年といわれています。
思っていたよりも短くて、驚いた人もいるのではないでしょうか。

どんなに大切に使用したとしても、日傘の紫外線カット力は永続しないので、使用期間が長い日傘は買い替えを検討しましょう。

日傘と併せて活用したい秋の紫外線とお肌を労わるアイテム

せっかく日傘を使うならば、ほかのアイテムも併用してしっかり紫外線をカットしたいですよね。

紫外線をカットするためのおすすめグッズと併せて、秋だからこそ気を付けたい部分をカバーするグッズも要チェック!

日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームは、紫外線対策のマストアイテム。
自分の肌に合うものを選び、気持ちよく使用しましょう。

香り付きクリームなども発売されているので、好みの香りを見つけて使用すると気分もアップしやすくなるのでおすすめです。

敏感肌の人は、赤ちゃんの使用できる優しい成分でできている日焼け止めクリームから使ってみましょう。

帽子やサングラス

日焼け止めクリームではカバーできない場所にも、紫外線は降り注ぎます。
眼球や頭皮などは日焼け止めクリームが使えない場所なので、サングラスや防止などで紫外線をカット!

暑さが厳しいときは、帽子は蒸れてしまって苦手という人は、日傘などで対処しましょう。

保湿クリーム

秋は空気が乾燥し始めるため、紫外線カットだけでなくお肌の保湿にも注目しましょう。
保湿力の高い化粧水やクリームを使い、しっとり滑らかな肌をキープ!

紫外線カットクリームは肌に負担をかけることもあるので、念入りにケアを行い肌のきめを整え、薄着をする季節のファッションを存分に楽しんでくださいね。

秋の紫外線にも日傘を有効活用しよう

秋の紫外線は、決して弱いわけではありません。
ちょっとしたお出かけだとしても、しっかりと対策を立てましょう。

秋でも日傘を有効に活用して、紫外線をカット!
ファッションのアクセントにもなり、頭皮も紫外線から守れるので、複数の日傘を入手して上手に使い分けましょう。
TOP
無題ドキュメント