美肌をつくるには腸内環境から!便通を整える食生活とは?

美肌をつくるには腸内環境から!便通を整える食生活とは?

美しい肌を保ちたいと思えばこそ、外側からのスキンケアに力を入れる女性も多いかもしれません。しかし実は、美肌の秘訣は体の内側にあり! なかでも腸内環境を整えることが、肌トラブルを防ぐ第一歩でもあるんです。美しい肌を作るには、美しい腸を作ることを心掛けましょう!
美しい肌を保ちたいと思えばこそ、外側からのスキンケアに力を入れる女性も多いかもしれません。しかし実は、美肌の秘訣は体の内側にあり!

なかでも腸内環境を整えることが、肌トラブルを防ぐ第一歩でもあるんです。美しい肌を作るには、美しい腸を作ることを心掛けましょう!

腸内環境によって肌の状態が変わる

「腸の状態が整っていると肌の状態が良くなる」と聞いたことがある人でも、実際にどんなメカニズムでそうなるのかは理解できていない人は少なくありません。

それでも便秘で悩む時期は肌荒れも起こるなど、実際に体験したことがある人も多いのではないでしょうか。

腸内環境が整っている状態とは

腸内環境を決定づけているのは、約500~1,000種類の約100兆個にも及ぶ、腸に存在している細菌たち。

最近には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があり、健康的な腸内環境は、これらの細菌が共存しつつ、善玉菌が優勢な状態を保っている状態です。このバランスが乱れ、悪玉菌のほうが優勢になってしまうと、腸のぜん動運動が鈍くなり、便秘になりやすくなります。

腸内環境が崩れると肌トラブルが起こる

便秘になると腸内にアンモニア、フェノール、硫化水素などの腐敗物質が多く産生されます。これらの物質は腸管内で吸収されるため、血管を経由して体全身をめぐり、肌トラブルを引き起こします。

便秘の状態が続くと肌の状態は悪化し、逆に腸内環境を良好として便通も良くしておくことで、肌の状態を良好に保つことができるのです。

腸内環境を整えるために効果的な食事

それでは、腸内環境を整えるためにはどのような生活習慣をつけるのが良いのでしょう。腸内環境と密接に関わっているのが、食事。腸内環境を整えるために効果的な食品には、どんなものがあるのでしょうか。

食物繊維

腸内の善玉菌を増やすには、善玉菌のエサとなる食物繊維をたっぷり摂ることが効果的!特に、善玉菌のエサになりやすいのは水溶性食物繊維なので、水溶性食物繊維を多く摂るようにしましょう。

水溶性食物繊維は大麦や、玉ねぎ、大根、ごぼうなどの野菜、キウイ、パパイヤなどの果物、わかめ、こんぶなどの海藻などに多く含まれています。

発酵食品

善玉菌は、発酵食品を摂ることで取り入れることができます。善玉菌が含まれる食材としては、味噌、醤油、ヨーグルト、チーズ、漬物、日本酒、納豆、キムチなどが挙げられます。

善玉菌の中でも特に腸内環境を整えるのに効果的な酪酸菌は、ぬか漬けや臭豆腐くらいしか含まれていません。もし酪酸菌を増やしたければ、酪酸菌配合のサプリメントや整腸剤を取り入れてみるのが良いでしょう。

腸内環境を良くする食事のコツ

腸内環境を整えるには、食材にこだわることはもちろんのこと、食材の摂り方にもこだわることがおすすめ!自炊派の人でも外食派の人でもそれぞれ、日常の中にちょっとした工夫を取り入れることで腸内環境が整いやすくなりますよ♬

自炊のポイント

自炊するときには、ごはんを炊くときに大麦を加えるのもアリ。大麦には水溶性食物繊維が含まれています。

発酵食品をごはんのお供にする習慣をつけましょう。漬物、キムチなどは保存もききやすいので使い勝手が良いはず♬味噌汁や納豆も手軽に摂ることができる発酵食品のひとつです。

デザートにはヨーグルトを取り入れるのも良いかも。朝ごはんにもおすすめです♬

外食のポイント

なかなか家で自炊できないという人は、外食でもメニューの選び方にこだわりましょう♬野菜が多いメニューや、腸に優しい和食がおすすめです。

定食にするなどして、味噌汁をつけることも効果的!海藻類が入ったものだと水溶性食物繊維も摂れるので一石二鳥です。

コンビニなどで食事を買う場合には、もずくやひじき、ごぼうなどの水溶性食物繊維を使った副菜を選んだり、サラダをつけたりしましょう♬

美肌づくりは腸内環境を整えることから始めよう

腸内環境は肌の状態に大きく影響します。もし外からのスキンケアで肌が整わないのなら、もしかしたら腸内環境が乱れているのかも…。

思い当たる節がある人は、まず食生活を変えてみましょう!便通が良くなることで美肌が手に入れられるかもしれませんよ♬
TOP