イエベ春?ブルベ夏?4つのシーズンの特徴とおすすめカラー

イエベ春?ブルベ夏?4つのシーズンの特徴とおすすめカラー

イエベとブルベのほか、パーソナルカラーには春夏秋冬の季節にわけることができます。 イエベなのに明るい茶色が似合わない、と感じることはありませんか? それはもしかしたら、イエベでも春ではなく秋なのかもしれません。 4つのシーズンカラーを把握し、自分により似合う色を見つけましょう。
イエベとブルベのほか、パーソナルカラーには春夏秋冬の季節にわけることができます。イエベなのに明るい茶色が似合わない、と感じることはありませんか?それはもしかしたら、イエベでも春ではなく秋なのかもしれません。

4つのシーズンカラーを把握し、自分により似合う色を見つけましょう。

春夏秋冬の見分け方


イエベは春と秋、ブルベは夏と冬があります。それぞれの特徴とカラーを紹介しましょう。

春の特徴とカラー

あたたかくやわらかい印象の春。明るく元気で華やか、女性らしいイメージが特徴です。さわやかでキュートな印象もあります。

似合う色は明るくてクリアな色。オレンジや黄色などのビタミンカラー、コーラルピンクやオレンジ系の赤など、ポップで軽やかな色が似合います。

夏の特徴とカラー

さわやかで上品、エレガントで清楚な印象の夏。やわらかさとクールさを兼ね備えているのが特徴です。

淡いピンクやグレー、水色などが似合います。ラベンダーミントグリーンなどスモーキーなカラーもおすすめ。ブルー系の色味を取り入れると顔立ちが映えます。

秋の特徴とカラー

温かくしっとりと落ち着いた雰囲気の秋。大人の女性を感じさせるのが特徴です。

マットで深みのある色がおすすめ。シックな雰囲気が似合う秋は、ブラウンやレンガ色、ベージュやカーキなどアースカラーがよく似合います。

冬の特徴とカラー

都会的で洗練された印象の冬。はっきりした色が似合う人も多く、個性的な印象を持たれることも少なくありません。

似合う色ははっきりした色。赤や黒、白、ロイヤルブルーなど目の覚めるような鮮やかな色がおすすめ。ただし、黄色ではなく青みがかった色の方が似合います。

イエベにおすすめのファッションとメイク


イエベは春と秋にわかれます。やさしくて明るい春と大人っぽくシックな秋。それぞれにおすすめのファッションコーデとポイントを紹介しましょう。

イエベ春に似合うおすすめコーデとは?

イエベ春は明るくあたたかい色をチョイスするのがポイント。ベースにはアイボリーやキャメルなど肌なじみがよいものを使いましょう。

イエベ春に黒は少し重たく見えてしまうので、濃紺などネイビー系を選ぶのがおすすめです。顔まわりには明るい春色を持ってくると、顔色がキレイに見えるでしょう。あまりカラフルな色を多用すると子どもっぽく見えるので、色数は少なめに。ピンクゴールドのアクセサリーなら、やさしい大人の女性らしさを出すことができます。

イエベ春のメイクポイント

オレンジ系やベージュ、コーラルピンクなどが似合うイエベ春。鮮やかなオレンジリップは顔の透明度をアップさせます。ピーチピンクやイエローのアイシャドウなどを使っても色が浮いたりしません。元気で明るい女性を演出したいなら、明るめの色がおすすめです。

イエベ秋に似合うおすすめコーデとは?

渋い、と言われるようなシックな色味がおすすめ。イエベ秋がシックな色を身につけると、地味にならず上品でオシャレな印象になります。

イエベだからとパステルカラーのような明るい色を選んでいたのに顔色がくすんでしまう、という人はイエベ秋なのかもしれません。春よりも深みのある色を試してみましょう。

カーキ色やキャメル系も似合います。アクセントにサーモンピンクやオレンジなどを選ぶのもおすすめです。アクセサリーはゴールドやべっこうなどでシックに決めましょう。

イエベ秋のメイクポイント

ボルドーのリップやゴールドのアイシャドウといった深みのある色が似合うイエベ秋ですが、ベージュやヌーディな色も似合います。濃い目のリップならアイシャドウはベージュやオレンジベージュなど、バランスを考えたメイクがおすすめです。

同じ深みのある色でも、青みがかったワインレッドなどは顔色が悪くなってしまうので注意しましょう。

イエベ春とイエベ秋を判断してより似合った色を使おう


イエベ春は元気であたたかい印象、イエベ秋はシックで大人っぽい印象、というように同じイエベでも雰囲気が異なり、似合う色も変わってきます。自分は春か秋かを把握して、似合う色を身につけましょう。より美しく、オシャレの幅も広がります。

TOP