布マスクのメイク汚れを落とす!簡単にできる洗い方を紹介

布マスクのメイク汚れを落とす!簡単にできる洗い方を紹介

おしゃれなデザインや肌触りの良さから布マスクを愛用する人も多くいます。 繰り返し使うためにもメイク汚れをきれいに落とす洗い方を実践しましょう。 ここでは簡単にできる、布マスクのメイク汚れを落とす方法を紹介します。
おしゃれなデザインや肌触りの良さから布マスクを愛用する人も多くいます。
繰り返し使うためにもメイク汚れをきれいに落とす洗い方を実践しましょう。
ここでは簡単にできる、布マスクのメイク汚れを落とす方法を紹介します。

先に手洗いしてから洗濯機へ


毎日使うマスクは、時間をかけて丁寧に手洗いしたいという方もいるかもしれません。
しかし、忙しくてそれはなかなか難しいものです。
できるだけ楽に済ませるためにも、汚れた部分だけを簡単に洗って、あとは洗濯機に任せましょう。

ただし、干すときにしわをのばすことを忘れずに。
ネットへ入れて洗濯機で洗う前のひと手間は以下のとおりです。

メイク落とし洗顔料

布マスクのメイクがついた部分に泡立てるタイプのメイク落とし洗顔料をつけてなじませ、軽く揉み洗いをしたあと、優しくすすぎます。
強く揉み洗いすると布の繊維が毛羽だって、マスクをつけたときに摩擦の原因になります。

ちなみにクリームタイプやオイルタイプのメイク落としもありますが、布に残りやすいため泡立てるタイプのメイク落とし洗顔料がおすすめです。

洗顔せっけん

ひどいメイク汚れでなければ、固形タイプの洗顔せっけんを泡立てて、口紅やファンデーションがついたところを優しくこすって洗い、すすぎましょう。
これだけでも十分に落ちるはずです。
もしそれでも落ちなければ、メイク落とし洗顔料を使った洗い方でもう一度洗いましょう。

パフ用洗剤

メイクに使うパフを洗うための洗剤があり、それを布マスクについた汚れを落とすために使います。
メイクがついた部分に直接洗剤をつけて軽く揉み洗いし、洗剤がなじんだ頃に水に入れてゆっくりとすすぎましょう。

100円ショップにもパフ専用洗剤は置いてあるので、それほど費用をかけずにお気に入りの布マスクの汚れを落とすことができます。

つけ置きしてから押し洗い


装飾付きのマスクやできるだけ長持ちさせたいと思う布マスクには、つけ置き洗いがおすすめです。
布同士をこすらず洗うため、繊維の毛羽立ちが抑えられ良い肌ざわりも維持できます。
次の手順で優しくメイク汚れを落としましょう。

中性洗剤液に10分間浸す

汚れのひどい部分はあらかじめ洗剤をつけてもかまいません。
使い方の通りに水やぬるま湯を使って洗剤液を洗面器などに作り、そこへ布マスクを浸して10分待つだけです。
時間が経ったら洗剤液の中でマスクを揺らし洗います。

その後洗剤液を捨てて、水かぬるま湯で同じようにマスクを揺らしてすすぎます。
直接洗剤液をつけた場合はマスクに洗剤が残らないよう十分すすぎましょう。

汚れがひどければ漂白も

べっとりとついたファンデーションや口紅は、一度つけ置き洗いしても取り切れない場合があります。
そのときは、気になる部分へ漂白剤をつけて洗いましょう。
漂白剤を使うときは、ゴム手袋をはめてから行います。

それでも落ちないときは消毒用アルコール

布についた口紅を落とすことは難しく、漂白剤でも落とせなければ消毒用アルコールを使います。
汚れの大きさに応じて綿棒かガーゼ・タオル・ゴム手袋を用意し、タオルを汚れのついた部分へあてて裏返します。
そして、綿棒またはガーゼにアルコールをしみこませて汚れた部分にとんとんと叩き、汚れをタオルへ移しましょう。

口紅汚れがなくなったあとは水ですすぎ、つけ置き洗いの手順をふみます。

メイク汚れを落とす洗い方をして布マスクをきれいにしよう


繰り返し使う布マスクについたメイク汚れはきれいに落とすことを心掛けたいもの。
普段の洗濯だけでは落としきれない場合、まずは手軽なひと手間から始めましょう。
特に大切にしたいマスクの汚れはつけ置きで手洗いがおすすめです。

TOP
無題ドキュメント