モテるって何!?どういう事?知っていると得をする【モテる人の話し方】

モテるって何!?どういう事?知っていると得をする【モテる人の話し方】

「モテる人」と聞くと、あなたはどんなイメージを思い浮かべますか? スタイルが良い、容姿が可愛い・綺麗・かっこいい、頭が良い、仕事ができる、など実に様々。モテる基準というのは一言では言えませんが、男女の性別にかかわらず「会話のキャッチボールが上手な人」ほど、モテる傾向にあります。 では、「会話のキャッチボールが上手な人」とは一体どういう人なのでしょうか? 今回は、モテるために重要な要素のひとつである「会話術」について、詳しく分析をしていきましょう。
「モテる人」と聞くと、あなたはどんなイメージを思い浮かべますか?

スタイルが良い、容姿が可愛い・綺麗・かっこいい、頭が良い、仕事ができる、など実に様々。モテる基準というのは一言では言えませんが、男女の性別にかかわらず「会話のキャッチボールが上手な人」ほど、モテる傾向にあります。

では、「会話のキャッチボールが上手な人」とは一体どういう人なのでしょうか?
今回は、モテるために重要な要素のひとつである「会話術」について、詳しく分析をしていきましょう。

話し上手な人の共通点


学生時代や若い頃は、同い年や同世代の子達と、気にせずワイワイ会話をしていたのに、社会に出ると、目上の上司・先輩、仕事の取引先の方など、様々な年代の人との会話が必要になるため、苦労をする人がたくさんいるようです。一方で、そんな状況をものともせずに、人と楽しくコミュニケーションを取りながら、お仕事にプライベートに、人生を謳歌している人がこの世にはたくさんいます。

そんな、話し上手な人に共通する4つのポイントを、これから詳しく解説していきたいと思います。

ポイント① 聞き上手

人と話していて楽しいなと感じる時、話している相手は大抵が“聞き上手”な人です。適度なタイミングで会話中に相槌を打ってくれたり、逆に質問を投げかけてくれたりします。聞き上手な人の特徴としては、ただ、ぼーっと右から左に聞き流すのではなく、相手の話をよく聞くということを、常に大切にしています。
そのためには、相手に興味を持つこと。

「その考え素敵だなあ。どうしてそんな風に思うんだろう?どんな時に?・・・」

相手に興味を持っていれば、自然と相手の話が頭に入ってきて、意識せずともベストなタイミングで相槌を打つことが出来るし、話の途中で疑問や興味が自然と湧いて、質問をすることも出来ます。相槌や質問などをしてあげると、話している側は「この人はちゃんと話を聞いてくれている」「自分の話に興味をもってくれている」とポジティブに考えられて、嬉しい気持ちになり、その結果、お互いの印象も良くなり、楽しく会話が進むのです。

ポイント② 話すスピードが絶妙

話し上手な人は、いつも自分のペースで話すわけではありません。常に、相手の反応や表情など、相手のことを思いながら、聞く側のペースに合わせて会話を進めています。

話を聞いている側の人が、どういう人なのか(早口だと聞き取りが苦手なタイプ、ダラダラ長い話を聞くのが嫌いなタイプなど)を分析し、それを踏まえたトークをします。

さらには、会話の内容によってもスピードを変えています。楽しい話の場合はテンポよく軽快に、真面目な話の場合は、ゆっくりと気持ちを込めて話します。

このように“スピード”を意識して話すことで会話に緩急をつくり、会話をもたつかせないようにしているのです。

ポイント③ 豊かな表情の変化

話し上手な人は話をする時も話を聞く時も、常に、表情が豊かです。

楽しい時は笑顔で明るい表情をするし、身振り手振りも大きいです。
真剣な話の時はしっかりと相手の目を見て話し、聞く時も集中して相手を見ます。
こうすることで、会話をする相手との心の距離を縮めることができます。

また、話す側の表情が豊かだと、聞いている側も感情移入がしやすくなり話がスっと入っていくため、長い時間会話をしていても相手を飽きさせません。

ポイント④ 知識が豊富

4つ目のポイントとして、話し上手な人はみんな“知識が豊富”です。

色んな物ごとを知っている上に、コミュニケーションに必要な最低限のスキルがきちんと備わっています。例えば「誠実さを伝えるためには、相手の目を見て話す。」「不快感を与えないよう、聞く側の反応を察知するためには、相手の気持ちを大切にする」「相手の立場になって考えられると、相手が今どんな会話をしたいのか、言葉が欲しいのかが分かる。」などです。

話す内容に、面白さやユーモアももちろん大切ですが、そういう「人として基礎的な常識が身についている人」ほど、会話はスマートで魅力的なのです。

話し上手になるために


何事もうまくなるには練習が必要。ずばり、会話の向上においても、実践が大事です。

話し上手な人に共通する4つのポイントは先程お伝えをしました。
「相手に興味を持つ」「会話のスピード」「豊かな表情」「豊富な知識」これらを忘れずに、時には相手に会話の主導権を与え、会話を楽しむ事が出来るようになれば、もう無敵です。

そして、もうひとつ、話し上手な人が自然と身につけていることがあります。それは、相手との共通点を見いだす才能があるということです。

話し上手な人は、相手との少しの短い会話内で自分と相手に共通する点を見つけだす能力が高く、その共通点をどんどん会話に活用することが出来るのです。その結果、会話を相手のペースで発展させていくことが出来ます。こうすることで、相手側は自然と話したいことが溢れて出てきて、結果、会話のキャッチボールが上手くいくのです。

この共通点を見つける作業に、特別な能力は必要ありません。ただ、相手に興味を持てばいいのです!

聞き上手は、モテ上手!


“モテる話し上手”を目指して、会話を自分も精一杯楽しみながら、笑顔に嘘偽りのない自分を見つけていってください!!

そして、相手に興味を持って、遠慮せずに質問したり掘り下げたりして、逆に、相手の興味を自分にグンと引き付けていきましょう。「私はこういう考えだけど、聞いてくれたこの人は、どういう考えなのかな?」そう思わせられれば、もうあなたは、聞き上手!いや、モテ上手です!

いろんなものに興味を持って、そして、自然とあなたの周りに人が集まってくるような、そんな魅力的な人を目指しましょう!

TOP