ターンオーバーを促進する食べ物ってなに?乱れの原因についても解説!

ターンオーバーを促進する食べ物ってなに?乱れの原因についても解説!

お肌のターンオーバーは、規則正しい生活で正常化することができます。 バランスの良い食べ物の食事を心がけるだけで、強い肌へ生まれ変わります。 そこで今回は、ターンオーバーを促進する食べ物について解説します♪ ターンオーバーの乱れの原因についてもお話しするので、読んでみて下さい。
お肌のターンオーバーは、規則正しい生活で正常化することができます。
バランスの良い食べ物の食事を心がけるだけで、強い肌へ生まれ変わります。

そこで今回は、ターンオーバーを促進する食べ物について解説します♪
ターンオーバーの乱れの原因についてもお話しするので、読んでみて下さい。

ターンオーバーを促進する食べ物とは?

ターンオーバーを促進する食べ物を積極的に摂取することは、健康な肌の維持になります。
偏りのある食事は避け、栄養素のバランスを考えた食べ物の摂取が望ましいです☆

ここからは、ターンオーバーを促進する食べ物について解説します。
今日から気軽にはじめられるので、意識した食事バランスを考えてみて下さいね。

ビタミンを摂取できる食べ物

ターンオーバーを促進する食べ物には、ビタミンを摂取できる食べ物があります。
ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEや、ビタミンB2にビタミンB6などが主です!

ビタミンCはみかんやいちごなどで、ビタミンAはレバーやほうれん草がおすすめ。
ビタミンEはアーモンドや大根から摂取できます♪
ビタミンB2はうなぎや納豆で、ビタミンB6は豚肉やたまごなどです。普段から無意識に摂取している食べ物ばかりですよね。

タンパク質を摂取できる食べ物

ターンオーバーを促進する食べ物には、タンパク質が摂取できる食べ物があります。
肉、魚、大豆、乳製品、卵などで、食べ物の大半から摂取できそうですね!

タンパク質はターンオーバーを促進して、肌細胞に働きかける作用があります。
肌に必要不可欠なコラーゲンの生成を促す役割もあるので、積極的に摂取したいです♡

鉄分が摂取できる食べ物

ターンオーバーを促進する食べ物には、鉄分が摂取できる食べ物があります。
鉄分はからだの血の素で、血の流れを良くして、クマやくすみなどを改善します。

レバーやまぐろの赤身や、昆布やひじきなどからも豊富に鉄分を摂取できますよ♪
貧血気味の人や体力の低下を感じた際にも、元気なからだへ導いてくれます。

ターンオーバーの乱れの原因とは?

ターンオーバーが正常な状態なら、2~6週間で肌細胞が生まれ変わります。
その際の肌はハリつやが出て、ぷるんと生まれたてのようで健康的です。
ターンオーバーが正常におこなわれないと、乱れて肌状態が悪くなっていきます。

ここからは、ターンオーバーの乱れの原因について解説します!

肌の生まれ変わりのサイクルの変化

ターンオーバーの乱れで考えられる原因は、ターンオーバーのサイクルの変化です。
通常2週間で古くなった角質が剥がれて、さらに4週間ほどで新たな肌細胞へ変わります。

この一定のサイクルは早すぎても遅すぎても駄目なので、サイクルが乱れは危険です。
ターンオーバーが乱れると肌の生まれ変わりが不規則になり、調子が悪く感じます。

肌バリア機能の低下

次に考えられる原因は、肌バリア機能の低下にあります。
からだに必要な栄養素が足りていなかったり、皮脂と水分のバランスの崩れがターンオーバーの乱れにつながることも。

健康な状態では皮脂と水分量のバランスが保てて、うるおいのある肌状態が続きます。
肌バリア機能が低下すると、乾燥や小じわなどが目立ってゴワつきを感じたりします。

ホルモンバランスの崩れ

最後は、ホルモンバランスの崩れが原因になることも。
特に女性は生理があるので、普段のホルモンバランスと生理周期が大きく関係します。

生理の日が近づくに連れて、黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが乱れて、肌が敏感になったりにきびや吹き出物が増えたりします。月に1度は起こり得る状態なんですね。

ターンオーバーを促進する食べ物で元気な肌を維持しましょう☆

ターンオーバーを促進する食べ物について詳しく解説しました。
ターンオーバーの促進には、ビタミン類や鉄分やタンパク質の摂取が大切です♡

ターンオーバーは乱れることがあり、サイクルの崩れ、肌バリア機能の低下、ホルモンバランスの崩れなどが原因です。栄養素の不足も関係するので、しっかり管理しましょう!
TOP