バスタイムのリラックスはアロマで決まり! おすすめの精油3選

バスタイムのリラックスはアロマで決まり! おすすめの精油3選

お風呂にアロマオイル(精油)を入れて楽しむ入浴法のことを「アロマバス」といいます。 香りを嗅ぐことによってストレス解消や疲労回復などの効果も期待でき、癒し効果が抜群です。 そんなアロマオイルを使ったバスタイムの効果やおすすめの精油をご紹介します。

アロマバスの具体的な効果や使い方

入浴剤としてアロマオイルを使うことで、どのような効果が期待できるのでしょうか。
具体的な効果や入浴時の正しいアロマオイルの使い方などについて調べました。
入浴剤と併せて使うこともできるので、相乗効果によって疲労回復や美肌へ近づくことができそうです。

リラクゼーション効果

ただでさえ癒される入浴ですが、アロマオイルを加えることでその効果がさらにアップします。
気分が落ちている時や仕事などで疲れているとき、翌日気合を入れたい時など、その日の気分に合わせたオイルを使うことでリフレッシュすることができます。

雑貨店などにもさまざまな種類のアロマオイルが揃っているので、効果を調べてチョイスしてください。
アロマオイルの専門店などではより詳しい話をスタッフの方から教えてもらうことができます♪

スキンケア効果

アロマオイルの中にはスキンケア効果の高いものもあります。
保湿効果のあるカモミールやホハバオイル、肌をやわらかくする効果が期待できるローズなど、肌の悩みがある人はスキンケア成分が入っているオイルがおすすめです。

入浴に使うことによって、全身のスキンケアにアロマオイルの効果をいきわたらせることができますよ。
リラックス×美肌効果で特別なバスタイムを過ごせますね♪

入浴時のアロマオイルの使い方

浴槽に数滴アロマオイルを落としてかき混ぜるだけというお手軽な方法がスタンダードです。
しかし、エッセンシャルオイルとよばれる種類のものは「キャリアオイル」という肌になじみやすいものと一緒に使うと良いでしょう。

リラックスしたい時は38~40℃のぬるめ設定でゆっくり、リフレッシュや入浴後に仕事や勉強をしたいという時は40~42℃のやや高め設定で短時間浸かるのがおすすめです。

効果別におすすめのアロマオイルが知りたい!

アロマオイルには数百種類あり、その作用もさまざまです。
全ての特徴や効果を覚えることは難しいですが、お店で気軽に買える代表的なアロマオイルをいくつか知っておけば購入時に役立ちますよね♪

効果に加えて好きな香りのものを選べば、より効果的なバスタイムになりますよ。

スイートオレンジ

リラックスし、エネルギーの循環を促す作用があります。
仕事や勉強でストレスを感じている人、リフレッシュしてスッキリしたい人などに効果的ですよ。

消化器系の不調にも循環を促す作用があるため、消化促進や食欲増進などに良いとされています。
柑橘系の香りで万人受けしやすいのも特徴です。
また、炎症を抑えたり保湿などにも効果があるため、スキンケアとしてもとても有能です。

イランイラン

古くから魅惑的な香りとして愛され、香水にも使われることの多い香りです。
温かみのある濃厚な鼻の香りが特徴で、官能的な高揚感を高める事でも有名ですよね。

しかし、それだけではなく誘眠作用にも優れているのでぐっすり眠りたい時にも効果的です。
また、副交感神経を優位にして血圧を下げる作用もあるため、高血圧やストレス性の不整脈、動悸の改善などに効果が期待できるとされています。

女性ホルモンの分泌を高めて、ホルモンバランスの乱れから起こる肌荒れやPMSの際にも役立てることができます。

アロマオイルの特徴や効能を知って、とっておきのバスタイムに

種類によってさまざまな効果や作用を発揮するアロマオイル。
いくつか揃えておいて、その日の気分に合わせて使うのがおすすめです。

組み合わせOKなものは合わせて使うとより効果的ですよね。
スペシャルなバスタイムを過ごすために、自分に合った香りや特徴のアロマオイルを見つけましょう。
TOP