秋も紫外線は降り注いでいる!紫外線の多い時間帯や種類を紹介

秋も紫外線は降り注いでいる!紫外線の多い時間帯や種類を紹介

春から夏の紫外線は、日差しが厳しい分気になりやすいものです。 徐々に涼しくなってきた秋ごろの紫外線は、夏ほど強くないから油断しがち…。 しかし、秋の紫外線を侮っていたら知らず知らずのうちに日焼けしてしまうかもしれません。 今回は、秋の紫外線についてご紹介します。 油断せず、紫外線から大切なお肌を守りましょう!

紫外線には種類がある

紫外線には種類があり、それぞれに特徴があります。
肌に影響を及ぼす、特に気を付けたい紫外線の種類と特徴についてみてみましょう。
特に注意すべき紫外線についても、まとめています。

UVA

UVAとは、別名生活紫外線とも呼ばれています。
オゾン層を突破して私たちに届いている紫外線の9割は、UVAです。
波長が長いため、屋外活動をしていなくても、ガラスを通り抜けて肌に紫外線が届いてしまいます。

肌にゆっくりと紫外線が浸透していくので、肌がじわじわご黒くなり、シミやたるみの原因にもなるので要注意!

UVB

UVBは、別名レジャー紫外線と呼ばれています。
波長が短いため、ガラスなどの障害物を貫通して肌に届くことはありません。
屋外での活動で浴びやすい紫外線で、浴びると短い時間で肌が赤くなり炎症を起こします。

メラニンを作る紫外線なので、シミや色素沈着が起こる原因にもなる紫外線です。
UVAは肌の真皮層まで到達しますが、UVBは神秘層までは到達せず、肌表面にいろいろなトラブルを引き起こします。

特に注意が必要なのはUVA

UVAは、肌の真皮層に到達するため、時間が経過するとお肌にさまざまな不調を引き起こす原因となります。

肌の弾力がなくなったり、シワやたるみが増える原因にもなるので、加齢とともに老けて見えてしまうかもしれません。

健やかで美しい肌をキープするためには、紫外線対策は必須!
秋であってもUVAは降り注いでいるので、外出時は注意しましょう。

日焼けしやすい人の特徴

人間には、日焼けしやすい人とそうでない人がいます。
まず、自分は日焼けしやすい体質なのかを確認してみましょう。
太陽光にあたった後、日焼けしやすい人の皮膚の変化についてご紹介します。

日焼け後肌が黒くなる

太陽光に当たった後に、肌が赤くならずにそのまま黒くなる人は、メラニンが多いタイプです。
肌を守るためメラニンをたくさん生成してしまうため、肌全体が暗いトーンになりやすいのが特徴。

肌が直接黒くなる人はあまり多くありませんが、少ないからと言って自分が当てはまっていないと解釈すると、思わぬ落とし穴にはまってしまいかもしれません。
日焼け後の肌の変化を思い出してみましょう。

皮膚が赤くなった後に黒くなる

日焼け後に肌が赤くなり、時間が経過して黒くなるのは、日本人に一番多いタイプです。
メラニン色素の量は中くらいで、紫外線には弱い肌であることが多い傾向。

肌が弱いと紫外線クリームでかぶれてしまうなどのマイナートラブルにも見舞われやすいので、まずは肌への刺激が低いクリームから試しましょう!

肌が赤くなるが黒くならない

黒くならないと、紫外線ダメージを受けていないようにも思われがちです。
しかし、肌を守るメラニンが少ない人は肌が黒くなりにくいため、肌の深い部分で紫外線のダメージを受けている可能性があります。

肌が赤くなるけど黒くならないからといって油断していると、シミやそばかす、肌のたるみに将来的に悩まされるかもしれません。

秋の紫外線は強い?弱い?

紫外線といえば、夏が非常に強いイメージを持ちやすいですよね。
では、夏の暑さが経過した秋の紫外線は、どうなっているのでしょうか?
夏と秋とで異なる紫外線の強さや、日差しの変化なども交えて、ご紹介します。

夏よりは弱い

紫外線は、夏が一番強くなり、徐々に弱くなっていきます。
しかし、昨今は日が長くなり、夏の気候が長くなってきているので、その分紫外線も強い状態をキープしやすいのです。

暦の上では秋となる9月でも紫外線は弱いとはいえないため、油断してしまうと一気に日焼けしてしまう可能性があります。

8月の一番暑い時期よりか紫外線は弱まりますが、秋に入っても油断できない状態であることを知っておきましょう。

夏の日差しと秋の日差しの違いに注意

真夏の紫外線は頭の真上付近から降り注ぐので、顔のTゾーンや頬など顔の出っ張った部分にあたるいやすいのが特徴です。

それに比べて秋以降の太陽光は、太陽が高く上がらないため顔全体にあたります。
照り返しなども考えると、太陽光の角度によっては、夏よりも日焼けしやすくなってしまう可能性があるのです。

弱くても紫外線は降り注いでいる

季節によって紫外線の強さは若干異なりますが、1年を通して紫外線は降り注いでいます。
ちょっとした油断で、秋や冬でも日焼けしてしまうので、十分に注意しましょう。

特に注意すべき時間は、秋であれば午前10時から午後1~2時の間です。
お買い物や用事を済ませるのに絶好の時間帯なので、紫外線対策をしっかりと行ってから行動を開始しましょう。

秋も油断大敵!日焼け対策は365日欠かさずに

秋は過ごしやすい時期だからこそ、紫外線対策をばっちり行いましょう。
屋外活動しやすくなる気候であっても、紫外線は極端に弱まっているわけではありません。

自分のお肌やライフスタイルに合った紫外線対策を行い、健康な肌をキープしてくださいね!
TOP