冷え防止!カラダを温める方法をご紹介♡

冷え防止!カラダを温める方法をご紹介♡

「冬になると手足の末端が冷える」 「寒くて体調が悪くなる」 「私は1年中カラダが冷える」 など、一言でカラダが冷えるといっても、さまざまな人がいるかと思います。私は冷えをまったく感じないのですが、体調不良のときに「カラダが冷えているよ」と病院で言われた経験があります。 今回は、私が普段から意識している、カラダを温める方法をご紹介します♡すでに冷えている人も冷えを予防したい人も、ぜひ参考にしてみてくださいね♪
「冬になると手足の末端が冷える」
「寒くて体調が悪くなる」
「私は1年中カラダが冷える」

など、一言でカラダが冷えるといっても、さまざまな人がいるかと思います。私は冷えをまったく感じないのですが、体調不良のときに「カラダが冷えているよ」と病院で言われた経験があります。

今回は、私が普段から意識している、カラダを温める方法をご紹介します♡すでに冷えている人も冷えを予防したい人も、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

カラダが冷えやすいとどうなる?

カラダの冷えやすさは体質や生活習慣など、さまざまな原因で起こります。ここでは、カラダが冷えやすい人にはどのようなことが起こるのか、また、冷えていると気づいていない隠れ冷えについてご紹介します。

心身の不調が現れやすい

カラダが冷えやすい人にはさまざまな不調が現れます。主な冷えに関連する不調は以下の通りです。

・肩こり・首のこり
・代謝がよくない
・寝付けない・眠りが浅い
・疲れやすい
・免疫力の低下
自分に当てはまるものがありますか?もしかしたら、それは冷えからきているかもしれません。

隠れ冷えにもご注意!

「私は冷えてないし寒くないから大丈夫!」だと思う人も注意が必要です。なぜなら、気づかないうちに全身が冷えている”隠せ冷え”の人もいるからです!実は私も隠れ冷えのタイプでした。

体調が悪くてもまさか冷えから来ているとは思わず、病院で冷えていることを指摘されたのです。以下の人は、隠れ冷えの可能性があるため注意しましょう。

・顔が青白い
・唇や爪の色が悪い
・筋肉の少ないやせ体形、またはぽっちゃり体形
・年齢のわりに髪の毛が薄い

冷え改善のためにしたいこと4選

カラダが冷えてしまったら温める。カラダが冷えそうなら、冷えないようにする。それを意識するだけでも、冷えは大き改善に向かいます。ここでは、私がカラダを冷やさないためしていることを4つご紹介します♡

首・手首・足首を温める

カラダを冷やさないためには、首と名前がつく場所を冷やさないことが大切です。首と名前がつく場所は、首・手首・足首の3箇所です。足の指先が冷たいときに靴下を履いて寝る人がいますが、実は足首を温めるほうが眠りにつきやすいんですよ♪

私は起きているときの足首・手首ウォーマーは分厚いものを使用し、寝るときは薄手のものを使っています。
これは寝るときに使っている、ネックウォーマーと足首ウォーマーです。
こんな薄い生地なんですよ。分厚いものは寝ている間に暑くなってしまうし、圧迫感も気になるので、私は薄手のものを使っています。
足首も薄い布タイプ♪ふとんに入ったときは指先が冷たく感じますが、自然とポカポカしてきます。

もちろん、寝るとき以外に使用しても大丈夫です。眠っているときの冷え対策におすすめですよ♡

ハーブティーを飲む

温かい飲み物でカラダを温めるために、コーヒーや紅茶をたくさん飲んでいませんか?カラダを温めるためにはカフェインレスの飲み物が最適です。また、温め効果が期待できるハーブティーを飲むのもおすすめですよ♪

おすすめの種類は

・カモミール
・ジンジャー
・ローズマリー
・ルイボス

です♡

茶葉から入れたほうが丁寧ですが、私はついついティーパックで済ませてしまうこともあります。

ハーブティーにはリラックス効果が期待できるものも多いので、カラダを温めながらリラックスするのにもぴったりです。

湯船につかる

めんどくさい、時間がないなど、さまざまな理由で湯船につからずシャワーで済ませている人も多いかもしれません。しかし、シャワーではカラダの表面しか温まらず、深部の血流がよくならないんですよ。

心地よいと感じる湯温で、じんわりと少し汗ばむくらいまでを目安にして入浴すると、カラダの芯まで温まるのでおすすめです。

湯冷めしないように、お風呂から出たあとにカラダを冷やしすぎないようにしてくださいね。

カラダを温める食材を取り入れる

カラダを中から温めるためには、食材にもこだわるとよいでしょう。そんなにむずかしく考えずに、カラダを温めるといわれている食材を積極的に食べるようにするだけでOK!カラダを温める食べ物には、以下のようなものがあります。

・ショウガ
・にんじん
・かぼちゃ
・ゴボウ
・レンコン
・大根
・玉ねぎ
・じゃがいも
・りんご
・さくらんぼ
・ぶどう
・納豆
・キムチ
・味噌
・チーズ
・ヨーグルト

たくさんありますよね♪

これだけあれば、どの季節にもカラダを温める食材を食べられるので、自分が好きなものを選んで食べましょう。

冷えは万病のもと!カラダを温めて健康を目指そう!

昔から「冷えは万病のもと」といい、カラダに大きな影響を与えます。冷えの原因は多くあり、根本的な原因を取り除くことが大切ですが、それ以外に家でできる温めの方法を試すのも大切です。

今回ご紹介したのは私がいつもしているカラダを温める方法です。よかったらぜひ試してください。そして、自分にぴったりな方法を見つけてくださいね。
TOP