おすすめのアロマと言えばラベンダー。万能アロマと言われるワケ

おすすめのアロマと言えばラベンダー。万能アロマと言われるワケ

アロマと言えば、まっ先に思い出すのがラベンダーという人も多いのではないでしょうか。 アロマが今のように一般的に広がる前から、ポプリや入浴剤でラベンダーの香りは人気がありました。フローラルのような甘い香りの中にハーブのような爽やかな香りを感じさせるラベンダーは用途が幅広く、アロマテラピーでも多く使われる精油のひとつなんです。香りもあまり好き嫌いが分かれることがないので、性別や年齢を問わずに使いやすい香りです。 今回はそんなラベンダーの効能やおすすめの使い方をご紹介します。アロマは初めて、という人もぜひチェックしてみてくださいね。
アロマと言えば、まっ先に思い出すのがラベンダーという人も多いのではないでしょうか。

アロマが今のように一般的に広がる前から、ポプリや入浴剤でラベンダーの香りは人気がありました。フローラルのような甘い香りの中にハーブのような爽やかな香りを感じさせるラベンダーは用途が幅広く、アロマテラピーでも多く使われる精油のひとつなんです。香りもあまり好き嫌いが分かれることがないので、性別や年齢を問わずに使いやすい香りです。

今回はそんなラベンダーの効能やおすすめの使い方をご紹介します。アロマは初めて、という人もぜひチェックしてみてくださいね。

ラベンダーアロマの効能

ラベンダーは紫色で、ふんわりと穏やかなフローラル系の香りの小さな花です。原産国のヨーロッパでは「ハーブの女王」として親しまれ、古くから薬用や香水の原料として使われてきたんですよ。

ラベンダーの語源は「洗う」という意味で、古代ギリシャ・ローマ時代は心身の浄化に沐浴で使われていたそうです。アロマの中でも比較的穏やかに効くから、多くの人に使えるラベンダー。香りも万人に受け入れられる優しい香りです。その効能や効果を紹介します。

心身のバランスを整えてくれるのでストレスが軽減できる

ラベンダーの効能として一番よく挙げられるのがリラックス効果です。ラベンダーには心を落ち着かせる鎮静効果がある成分が含まれているので、ストレスによる緊張や不安、怒りを和らげて、安定した精神状態へ導いてくれます。

仕事や人間関係で悩んだりして、気持ちがざわざわした時にはなかなか眠れませんよね。おやすみ前に使えば、交感神経に働いて気持ちが落ち着き、穏やかに眠れるので、不眠や眠りが浅いと感じている人はぜひ試してみてくださいね。

頭痛や月経痛などの痛みをやわらげる

ラベンダーには痙攣を抑えたり、筋肉のこわばりをゆるめたりする効果があると言われており、肩こりや頭痛、筋肉痛の痛みを和らげてくれます。ラベンダーのアロマテラピーで月経痛が軽くなったという人も。昔は痛みが強い場所に湿布のように使ったとも言われています。

精油を含ませたあたたかいタオルを痛い場所に当てて、じんわりとおだやかな気持ちでリラックスしましょう。ゆるやかに痛みがひいてくるはず。

殺菌や抗炎症作用で肌トラブルに効く

肌のトラブルにも効果を発揮するラベンダー。殺菌・抗炎症作用とキズを癒やす効果があり、日焼け後の肌や、乾燥によるかゆみ、肌荒れなどの肌トラブルに効きます。わざわざ薬を買わなくても、自然の力のシンプルなアロマでトラブルが治ると助かりますよね。虫刺されやニキビ、つらいあせもなどのケアにもぜひ。

クリームやジェルに混ぜて、気になる部分に塗ってみて。かゆみや痛みにおだやかに効いてきます。ぜひラベンダーの力を実感してみてくださいね。

新陳代謝を促進して美肌に導く

お肌のシワやくすみなど、アンチエイジングにも役立つと言われています。肌の新陳代謝を促す効果があるので、肌の生まれ変わりを助けてくれますよ。リラックス効果があるので、ストレスからくる肌荒れや吹き出物にも効果的です。

高い化粧品やクリームを買わなくても、自分でラベンダーの化粧水やオイルを手作りできるのもうれしいですよね。全ての肌質に使えますが、敏感肌の人は目立たない場所でパッチテストをしてから使うのがおすすめ。

ラベンダーの種類

ラベンダーは地中海域が原産のハーブですが、中でもプロヴァンス産のラベンダーが最高級品とされています。日本国内で栽培されているラベンダーはほとんどが紫色ですが、イエローやホワイトのものもあるんですよ。

最近はガーデニングの庭先に植えているものもよく見かけますよね。身近にあるラベンダーですが、アロマに使われる代表的なラベンダーの種類を紹介します。

真正ラベンダー

ラベンダーの種類は多いのですが、一般的にラベンダーアロマと言えばこの「真正ラベンダー」のことを言います。成分が濃いと言われ、ちょっと高価ですが一番ラベンダーの効果を感じやすい品種です。

甘い香りがして、リラックス効果も高く、一番ラベンダー本来の香りを感じることができます。

スパイクラベンダー

シャープな香りが強めの品種です。リラックス効果というよりもスーッとする成分が強いので、喉のイガイガ、鼻づまりなど、風邪の呼吸器のケアや虫刺されなどの皮膚のトラブルに効果があります。

気持ちをシャキっときりかえたい時や、リフレッシュしたい時にぴったり。

ラバンジン

真正ラベンダーとスパイクラベンダーを掛け合わせた交配種。リラックス効果もあって、甘すぎないすっきりとした香りが特徴です。栽培しやすくて価格も比較的安価なので、気軽に楽しむことができますよ。

香料の業界では真正ラベンダーの代わりとして使われることが多くあります。気になる時はパッケージの記載を確認してくださいね。

フレンチラベンダー

フレンチラベンダー、スパニッシュラベンダーと呼ばれます。すっきりとしたハーバルな香りが特徴です。

さっぱりとした香りで、憂鬱な気分を切りかえたい時や、すっきりとリフレッシュしたい時に、特におすすめです。

ラベンダーアロマのおすすめ活用法

リラックス効果や安眠効果の他にも、美肌や殺菌作用があるラベンダー。刺激が少なく、効果も多岐にわたって、色んなアロマとの相性もいいから万能精油と言われるのも納得ですよね。

ここでは、気軽にラベンダーの効果を感じられて、簡単にできる使い方や活用法をご紹介します。アロマは初心者という人も、専門知識がなくても、明日からすぐにトライできるものばかりだから、ぜひチェックしてくださいね。

おやすみ前に

イライラしたり、悩み事をかかえていたりして、ちょっと眠りにくいな、と思う夜には、枕元に布やティッシュに、ラベンダーのアロマオイルを一滴。アロマストーンもおすすめです。自然気化でほのかにラベンダーの香りが香ればOK。おだやかに効くラベンダーの香りが身体や脳をリラックス状態に導いて、深い眠りを叶えてくれますよ。

あまり香りが強すぎると逆効果になってしまうので、ちょっと少ないかな、ちょっとかすかに香るかな、と感じるくらいの量で大丈夫です。

アロマバスで至福のバスタイム

心地よいバスタイムをさらにリラックスできる空間にしてくれるのがアロマバス。ホホバオイルなどのキャリアオイルにラベンダーの精油を混ぜたものを浴槽に溶かします。原液は水に混ざりにくいので、キャリアオイルに混ぜたものの方がお湯とよくなじみます。

リラックス効果はもちろん、肩こりや冷え性の方にもおすすめです。ほのかに香るあたたかいお湯にゆったりと身体をしずめて、1日の疲れを手軽にリセットできますよ。

オイルマッサージはフェイシャルやボディにも

ホホバオイルなどをベースに、ラベンダーのアロマオイルを1%濃度まで混ぜたらマッサージオイルの完成です。オイルを手のひらにひろげて、あたためてからゆっくりやさしく肌をマッサージしてください。

こわばった筋肉や、緊張で固くなった身体がほぐれていくのが実感できます。つらい痛みや凝りが楽になって、やわらかなオイルの質感と、ほのかに香るラベンダーの香りにほっこり癒やされますよ。

アロマヨガで相乗効果

深いゆっくりとした呼吸で心身を整えるヨガと、リラックス効果の高いアロマとの相性は◎。ヨガをする部屋にアロマディフューザーや加湿器にラベンダーのアロマを使えば、相乗効果でさらに心身ともにリラックス感が高まりますよ。

アロマの香りを深くゆっくりと吸い込んだら、頭もスッキリとクリアになって身体の中からキレイに浄化できそうですよね。シュッと一吹きで香りが広がるアロマスプレーを使えば、さらに気軽に取り組めますよ。

スキンケアで美肌が叶う

手作りのラベンダーの化粧水はいかがですか。市販の高価な化粧品もいいけれど、余計なものが入っていなくて、刺激が少なく、ラベンダーの効能がしっかり入ったスキンケアで、美肌づくりを目指してみては。敏感肌の人は事前にパッチテストをお忘れなく。

ラベンダー化粧水の作り方

精製水45㎖
グリセリン5㎖
ラベンダー精油1~2滴
ガラス製の容器

容器にグリセリン、ラベンダー精油を入れ、よく混ぜたら精製水を注いで完成です。使う前にはよく振ってくださいね。防腐剤がはいっていないから、冷蔵庫で保管して2週間程度で使い切ってください。ラベンダーの化粧水で、肌だけでなく心にもしっとりうるおいを。

注意点

ラベンダーは比較的刺激が少ない種類なので、使用方法を間違ってしまったり、使用量を大幅にオーバーしなければ禁忌はありません。ただ、妊娠中や授乳中、赤ちゃんや小さなこども、敏感肌の人は、使う前に少量から試したり、直接肌に使うものはパッチテストをおすすめします。

普段は平気でも、季節の変わり目や生理前などは体調がデリケートになっている場合もあるので、まれにアレルギー反応を起こす場合があります。久しぶりに使う時などは特に気をつけてくださいね。

アロマは効果が高いので、それだけ気をつけなければならないこともあります。安心してアロマを使えるように、守らなければならない分量などはチェックしておいてくださいね。

まとめ

アロマと言えばあまりにも有名なラベンダー。特によく知られているリラックス効果のほかにも、ラベンダーの種類によって、肩こりや冷え性、肌のトラブルにもオールマイティに使えるのは初耳だった方も多いのでは。

病院に行くほどではないけれど、生活にアロマを取り入れるだけで、辛い症状が軽くなったり、気持ちを切りかえるアイテムになればうれしいですよね。アロマ初心者にも使いやすいので、症状に合わせて上手に活用して、素敵なアロマライフを過ごしてくださいね。
TOP