マスクの色は何色がおすすめ?

マスクの色は何色がおすすめ?

マスク生活が続く中では、使い捨てマスクではなくて布マスクを着ける人が増えました。布マスクは、ショップで販売されているものを購入することもできますし、気に入った布で手作りすることもできます。マスクは、さまざまな形があって使い心地が異なります。また同じデザインのマスクでも、色が違うと印象がガラリと変わります。

マスクはファッションの一部


マスク生活が続く中では、使い捨てマスクではなくて布マスクを着ける人が増えました。布マスクは、ショップで販売されているものを購入することもできますし、気に入った布で手作りすることもできます。マスクは、さまざまな形があって使い心地が異なります。また同じデザインのマスクでも、色が違うと印象がガラリと変わります。

マスクを選ぶ際には、どんな点で選んでいますか?好きな色を身につけて自分自身のモチベーションをあげるという人もいるでしょう。また、シンプルな定番色をあえて選ぶという人もいれば、ファッションとコーディネートさせて選ぶなど、選び方は様々です。

マスクの色で印象が変わります


マスクは、色によって醸し出す雰囲気が変わり、他人に与える自分の印象が変わります。例えば、使い捨てマスクに多い白色は、清廉潔白な雰囲気を醸し出すことができ、清潔な印象を与えることができます。

色味のあるマスクと比べると、暑い季節には白のマスクは涼しげな印象があり、どんなファッションにも合わせやすいというメリットがあります。ただし、汚れが目立ちやすい点がデメリットです。女性の場合、マスクの中で汗をかき、ファンデーションが取れてマスクについてしまうことも多いため、注意したいものです。

布マスクで人気の黒色は、モダンでファッショナブルな印象を与えることができる色です。高級感やシックな雰囲気があり、地味なようで存在感を主張できる色としても知られています。ファッションの一部としてマスクを着用する人の多くは、黒を選ぶことが多いのではないでしょうか。

マスクで黒を選ぶ際には、ファッションとコーディネートして、全体をスタイリッシュな雰囲気にまとめるのが良いでしょう。男性ならスーツと合わせやすいですし、冬ならコートやジャケットとマッチさせるという着用方法もアリです。

女性におすすめのマスクの色は?

男性だと、プライベートでもビジネスでも、マスクの色は白や黒、グレーあたりの無難な定番カラーを選ぶことが多いものです。色味のあるマスクでは、ふざけている印象を与えてしまうことがあるかもしれません。

しかし女性は、ファッションとコーディネートして色味のあるマスクを選んでも良いでしょう。マスクの色によって、相手に与える印象が変わるという効果を上手に活用することで、相手に与えたい自分の印象を変えることができます。

例えば、相手に柔らかい印象を与えたい時や、優しくてソフトな雰囲気を出したい時には、明るい色のマスクがおすすめです。明るい色と言っても、黄色とか赤色などの原色カラーではありません。淡いピンクやラベンダー、レモン色などのパステル系を選ぶと良いでしょう。

人はそれぞれ、暖色が似合う人がいれば寒色が似合う人もいます。そのため、自分に似合う色を見つけ、その色のパステル系カラーを選んでみてはいかがでしょうか。

ビジネスでキリッとした印象を与えたい場合には、黒やグレーの色がおすすめです。女性の黒マスクは、シャープな印象を与えるだけでなく、女性らしさを隠してユニセックスな雰囲気を演出する効果もあります。

一方、グレーのマスクは、モダンでキリっとした印象の中にも、どこかソフトな部分を感じさせてくれる色なので、女性のビジネスマスクとして人気があります。

マスクの色のトーンはどう選ぶ?

マスクの色は、同じ色でも淡い色から濃い色まで、さまざまなトーンのものがあります。プライベートなら、自分が好きな色やトーンを選んでも問題はありません。服とマッチさせて、派手な原色マスクを選ぶのもアリではないでしょうか。

原色のマスクは、相手に強烈なインパクトを与えるだけでなく、自分の強い意志やキャラクターを主張させる効果があります。そのため、カジュアルなファッションと合わせてトータルコーディネートするのがおすすめです。

ビジネスのシーンにおいては、基本的には色味のあるマスクはNGです。ただし、色味があってもくすみのある色や、淡い色、主張しすぎない色なら、職場の雰囲気によっては問題ありません。

ただし、くすみのある色をマスクとして選ぶと、顔全体の表情が曇ってしまうので、注意しましょう。明るさが大切な営業や接客のお仕事なら、くすみのある色よりは、淡い色でも明るめの色を選んだほうが、表情を明るく見せてくれるのでおすすめです。

柄物のマスクはどんなシーンにおすすめ?


布マスクの中には、柄物やデザイン性が高いマスクなどもあります。どんなデザインかによって相手に与える印象が異なりますが、ビジネスのシーンでは柄物マスクは控えるのが無難です。

プライベートな時でも、マスクの柄やデザインによっては、ファッションとの相性が悪くてマスクが悪目立ちしてしまう可能性が考えられます。注意したいものです。

柄物のマスクで失敗しないためには、マスクが柄なら服はシンプルな無地を選ぶと良いでしょう。例えば、女性に人気のアニマル柄のマスクを着ける場合、同じアニマル柄のトップスやボトムスと合わせても、トータルコーディネートというよりは全体が騒がしい雰囲気になってしまいます。センス良くアニマル柄のマスクを着こなすなら、黒や白の無地の服を選んだほうが、全体がまとまりやすくなります。
TOP
無題ドキュメント