メイクで汚れたマスクをきれいに!洗い方を紹介

メイクで汚れたマスクをきれいに!洗い方を紹介

コロナが流行し、私たちの生活に手放せなくなったのがマスクではないでしょうか。家にいる時はまだしも、外に出る時や仕事の時などは、マスクをしなければなりません。一時は使い捨てマスクが入手困難になって、布マスクを手作りした人も多いことでしょう。最近では使い捨てマスクも手に入りやすくなりましたが、やはり毎日使うことを考えると、経済的に布マスクを使うケースが多いかもしれません。

マスクが手放せない


コロナが流行し、私たちの生活に手放せなくなったのがマスクではないでしょうか。家にいる時はまだしも、外に出る時や仕事の時などは、マスクをしなければなりません。一時は使い捨てマスクが入手困難になって、布マスクを手作りした人も多いことでしょう。最近では使い捨てマスクも手に入りやすくなりましたが、やはり毎日使うことを考えると、経済的に布マスクを使うケースが多いかもしれません。

マスクのメイク汚れに驚き

マスクを使うからメイクをしなくてもいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、マスクで隠れているのは一部分ですから、すっぴんでいるというのも抵抗があるでしょう。

一日の仕事を終え、マスクを外した時に、驚くのがマスクのメイク汚れではないでしょうか。ファンデーションや口紅の汚れは意外についていて、いかにマスクが口元で動いているのかがわかります。使い捨てマスクなら、メイク汚れがあっても捨ててしまえばいいので気になりませんが、布マスクの場合には何度も使うので、その都度キレイにしておく必要があります。あまりの汚れにショックを受けたという人もいます。

メイク汚れがつかないように、布マスクの中にティッシュやフィルターを挟む人もいますが、それが気になって仕事に集中できないことがありますし、いつのまにか落ちてしまっていたということもあるでしょう。やはり、布マスクはしっかり洗ってメイク汚れを落とすのが無難だと言えます。

メイク汚れはどんな汚れ?

メイク汚れと言っても、マスクの汚れはファンデーションだけでなく、口紅も付いてしまいます。また、通常のメイク汚れに比べて、マスクの中は呼吸などで湿気が多いので、べたついた汚れになりやすいのです。

汚れがしっかり落とせていない布マスクを使い続けることは衛生的にも問題と言えますし、肌への刺激が強くなってしまうかもしれません。マスクをつけているだけでも口周りの摩擦が気になるという人は、より注意してマスク汚れを落としたいものです。

布マスクのメイク汚れを落とす洗い方


布マスクにメイク汚れがついてしまった時の簡単な洗い方は、メイク落としで手洗いすることです。洗濯ネットに入れて洗濯機で洗ってもきれいになるのでは?という人もいますが、なかなかきれいになりません。実際にやってみるとわかるかと思いますが、ファンデーションや口紅の汚れは、一筋縄ではきれいに落ちないのです。どうしてもにじみのような汚れが残ってしまいます。ただ、メイク汚れを落とすのは難しい!ということではありません。次のような手順で洗ってみるといいでしょう。

毎日メイクを落としているそのメイク落としを適量手に取り、マスクの汚れている部分を揉み洗いするのです。そのあと、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うと、きれいになります。メイク落としはファンデーションなどの汚れに強いので、力を入れなくてもしっかりと汚れを落としてくれるでしょう。

ですが、布マスクを長持ちさせるには、やはり手洗いがおすすめです。洗濯機で洗うとどうしても生地が摩擦で弱くなるので、型崩れして縮みやすくなります。洗うたびに少しずつ小さくなってしまうと、マスクとしての効果が薄れてしまうかもしれません。ですから、時間に余裕がある場合には手洗いをしていただきたいです。

中性洗剤も有効

メイク落としがない!もしくはもったいないので他の方法はないかと思っている人には、中性洗剤で布マスクを洗う方法を紹介しましょう。メイク汚れというのは油分が多いので、食器用洗剤のような中性洗剤は効果があります。メイク落としはもったいないと思う人も、食器用洗剤なら特別に用意することもありませんし、すぐに使うことができます。中性洗剤はメイク用のスポンジを洗う時にも有効ですから、同じような働きが期待できるわけです。

食器用洗剤を洗面器に少し入れてよく混ぜます。そこに、布マスクを入れてしばらくつけておきます。あまりに汚れがひどい場合には、直接、中性洗剤をつけてもいいですが、たくさんつけてしまうとすすぎが大変なことになるので、その辺りは加減しましょう。

つけた後は、手洗いをします。全体を優しく揉み洗いしますが、汚れが目立つ部分のみ、こすり合わせて洗うと、きれいになります。そのあとは、すすいで軽く絞ります。

布マスクを干すときの注意点

布マスクを洗ったら、軽く絞って干します。洗濯機で洗った場合にも、脱水は短めにしておくのがおすすめで、干す時に手で形を整えると、乾いた時の仕上がりが違ってきます。

ゴムの部分を洗濯ばさみなどで挟んで干してしまうと、濡れているマスクの重みでゴムが伸びてしまう可能性がありますし、形が崩れやすくなります。本体を洗濯ばさみで挟んで干すか、平らなところに置いて干すのが適しています。風通しの良いところに干すと早く乾きますから、翌日、清潔なマスクをつけることができるでしょう。
TOP
無題ドキュメント