暖房や冷房にも注意!エアコンで乾燥肌になる理由と対策

暖房や冷房にも注意!エアコンで乾燥肌になる理由と対策

スキンケアはきちんとしているのに肌が乾燥する、という場合、室内環境に原因があるのでは? 暖房や冷房が肌を乾燥させてしまっているのかも?! エアコンは乾燥肌の原因になるのです。 その理由と対策について解説します。
スキンケアはきちんとしているのに肌が乾燥する、という場合、室内環境に原因があるのでは?

暖房や冷房が肌を乾燥させてしまっているのかも?!

エアコンは乾燥肌の原因になるのです。

その理由と対策について解説します。

エアコンで乾燥肌になる!その理由

冬は暖房、夏は冷房。
エアコンは部屋を快適にしてくれるアイテムですね。

しかし、それが乾燥肌を引き起こす原因となることもあるのです!

なぜエアコンが肌を乾燥させてしまうのでしょうか?

暖房で肌が乾燥する理由

温かい風が顔に当たると、肌の水分が蒸発しやすくなります。

風の当たる場所は温かいですが、乾燥には注意しましょうね。

また暖房機器の熱交換器によって部屋の水分が吸い込まれ、部屋が乾燥してしまうのです。

冷房で肌が乾燥する理由

冷房をきかせると、1時間で約40%まで湿度が下がってしますのだそうですよ!

その部屋に長時間いれば、肌が乾燥してしまうのも当然ですね。

さらに冷えた部屋にいれば血行が悪くなります。

血液循環が悪くなることで、栄養素が肌に行き届かず乾燥の原因となるのです。

肌を乾燥させない室内環境

エアコンのない生活なんて考えられない、という人も多いでしょう。

健康のためにも適度にエアコンを使うのは大切です。

それと同時に肌を乾燥させない対策を取りましょう。

加湿器を使う

部屋乾燥対策として便利なのが加湿器です。

声を使う職業の人などは、部屋に何台もの加湿器を置いているものですね。

加湿器で部屋をうるおせば、肌の乾燥対策にもなりますよ♪

加湿器がない時は?

加湿器がない場合は、濡れたタオルを干したり、バスルームのドアを開けておいたりすると部屋の湿度が下がらずにすみます。

ホテルなどは乾燥しやすいので、濡れタオルなどで乾燥対策をしましょう。

洗面器などに水を張って置いておくだけでもOKです♪

植物を置く

観葉植物も乾燥対策に一役買ってくれます。

植物には蒸散といって水分を外に放出する働きがあります。

放出された水分が水蒸気となり、植物の周り湿度が高くなるそうです♪

特に夏は蒸散が活発になるそうですよ。

観葉植物にはリラックス効果も期待できるので、血行がよくなり肌にもよいと言えそうですね♪




乾燥肌を防ぐ加湿器の選び方

観葉植物もよいですが、室内の乾燥対策としてはやはり加湿器がおすすめです。

加湿器にはタイプもいろいろあります。

どんな加湿器をどのように選べばよいのでしょうか?

加湿器のタイプを知る

加湿器には主に4つのタイプがあります。
超音波式
熱を発しないので安全。

静かでスタイリッシュなデザインが多いのも魅力ですよ。

ただし、雑菌が増えやすいのがデメリットです。




スチーム式
蒸気をパワフルに供給できるのが特徴です。

稼働するまでに少々時間がかかるのがデメリットですね。




気化式
自然な蒸発を利用するもので消費電力を抑えられる加湿器です。

お湯を使わないので安全性も高いです。

加湿力は他と比べると少し低いかもしれませんね。




ハイブリッド式
加湿が早く、消費電力も少ない、お手入れも楽という高機能なタイプ。

お値段が高めなのがデメリットかも。

それぞれの特徴を踏まえ、自分に合ったタイプを選びましょう。




置き場所を考える

加湿器を選ぶ際には、置き場所も重要です。

どこに置くかで便利なものと使えないものなどもあるので、どこにどういった加湿器を置くかを考えてから購入しましょう。

大きく分けると加湿器には卓上型と据え置き型があります。

卓上型は持ち運びができ、どこにでも置けるのがメリット。

部屋全体を加湿するには据え置き型がおすすめです。

アロマ機能付きもおすすめ

加湿器にはさまざまな機能がついているものがあります。

タイマーや湿度や気温によって自動運転をしてくれるものなどあると便利な機能が満載、という加湿器もあります。

中でもおすすめなのがアロマ機能です。

肌の乾燥対策のほかアロマの香りで癒されるので、リラックスできぐっすりと眠ることができるでしょう。

熟睡して成長ホルモンをたくさん分泌し、健康な肌づくりをしましょう♪

スキンケアだけでなく室内環境にも配慮して乾燥肌対策をしよう

乾燥肌はスキンケアが重要ですが、室内環境に気を遣うのも大切です。

エアコンは肌を乾燥させてしまうので、加湿器を上手に使い乾燥対策をしましょう。

自分に合った加湿器で、肌の乾燥のほか風邪対策もしましょうね♪
TOP