オーガニックのボディソープおすすめ7選♡メリットや選ぶ注意点も解説

オーガニックのボディソープおすすめ7選♡メリットや選ぶ注意点も解説

オーガニック成分のボディソープは、自然由来でお肌に優しい洗い心地が人気です。 肌の弱い人にも使えて、固くなった角質を柔らかくほぐしてくれます。 今回は、オーガニックのボディソープのおすすめとメリットを解説します。 オーガニックのボディソープが合う人や、選ぶ際の注意点についてもお話しします。
オーガニック成分のボディソープは、自然由来でお肌に優しい洗い心地が人気です。
肌の弱い人にも使えて、固くなった角質を柔らかくほぐしてくれます。

今回は、オーガニックのボディソープのおすすめとメリットを解説します。
オーガニックのボディソープが合う人や、選ぶ際の注意点についてもお話しします。

オーガニックのボディソープのメリットは?

オーガニックのボディソープを使う際には、さまざまなメリットがあります♡
特に肌のコンディションが悪い際に効果が期待できて、悩み改善に繋がります。
ここでは、オーガニックのボディソープのメリットについて解説します。
普通肌の人も、より強くて健やかなお肌に近づけるので読んでみてください。

低刺激性でお肌に優しい

オーガニックのボディソープは、低刺激性なのでお肌に優しい使い心地がメリット。
お肌の弱い人が使っても、不要なものは洗い流して必要なうるおいはしっかり残します。
自然由来の成分なので洗浄力もちょうど良く、肌へ刺激を受けにくいのもポイントです。
また、自然の植物の葉や果実などの香りがブレンドされていて、アロマ効果もあります。

乾燥肌が和らぐ

オーガニックのボディソープは、低刺激性なうえに乾燥肌を和らげるメリットがあります。
オーガニックのボディソープは、自然由来の洗浄成分でお肌に優しく保湿成分も豊富です。
天然成分にはヒアルロン酸、セラミドなどの聞き慣れたものから、ホホバやオリーブといった果実油もあります。
洗いながら肌の表面に膜を張ってうるおいで満たしてくれます♪

肌状態の改善になる

オーガニックのボディソープは、肌の状態が悪い際に改善できるメリットがあります。
人間の肌は自然治癒力があり、自然由来の成分で徐々にコンディションが良くなります。
自然由来の成分は化学物質のような人工的な成分がなく、栄養や保湿成分が豊富です☆
ホホバやオリーブなども保湿に優れているだけでなく、美容に良い成分がたっぷりです。

オーガニックのボディソープは、洗うたびに自然の恵みをうけて肌バリア機能を回復させてくれる効果が期待できます!お肌の表面にベールで膜を張って、外敵から強くなります。
直ぐ直ぐには改善を感じなくても、少しづつ強くなっていくのも自然の力ですよね。

オーガニックのボディソープがおすすめな人は?

オーガニックのボディソープは、どんな肌の人が使うのにもおすすめです。
そのなかでもお肌の弱い人には、添加物が含まれていないので低刺激で安心です。
ここでは、オーガニックのボディソープがおすすめな人についてお話しします。
ここで触れていない肌質の人も、デメリットなく使えるので参考にしてくださいね。

乾燥肌の人

オーガニックのボディソープは、乾燥肌の人にぜひ使ってほしいアイテムです♡
自然由来の成分には、乾燥に特化した保湿に優れたエキスがたっぷり含まれています。

葉や果実だけでなく、ミネラルが豊富な海洋深層水が使われていたり、乾燥に効果が期待できるオーガニック成分ばかりなんです(◌゚д◌゚)!ホホバ、オリーブ、マカダミア、アーモンドなど、保湿効果とビタミン豊富なオイルでしっとりモチモチのお肌へ変化します。

敏感肌の人

オーガニックのボディソープは、お肌の弱い敏感肌の人にもおすすめなアイテムです。
アトピーやにきびに悩む脂性肌の人にもおすすめで、さっぱりなのにしっとり保ちます。
オーガニック成分は保湿効果の高いエキスと、それを保護する栄養を含んでいますよね♡
お肌の機能を高めつつマイルドな洗い心地で、敏感肌を優しくケアしてくれますよ。

子供や赤ちゃん

オーガニックのボディソープは、子供や赤ちゃんなど肌機能の弱い人にぴったり。
自然由来のオーガニック成分で、洗浄力もちょうど良いので刺激になりにくいです。
キメ細かな泡がつくれるので、摩擦を起こさずに優しく洗えるのもおすすめポイント。
目に入っても痛くないものや、全身へ使える種類もあるので時短にもなりますよ♪

オーガニックのボディソープを選ぶ際の注意点は?

オーガニックのボディソープを選ぶ際には、いくつか注意したい点があります。
オーガニックのボディソープの購入前に知っておくと、選ぶ際のポイントになります!
ここでは、オーガニックのボディソープを選ぶ際の注意点について解説します。
お肌の弱い人は知っておいた方が良い内容なので、必ずチェックしてください。

100%オーガニックでない可能性もある

オーガニックのボディソープを選ぶ際の注意点の1つ目は、100%自然由来なのかです。
パッケージにオーガニックと記載があっても、完全なオーガニックでない場合も。
オーガニック製品は日本では食品以外は、オーガニックと判断するのはブランド次第。
食品以外のオーガニック製品を確実に認定する機関は、日本には実はないんです。

100%オーガニックかどうかは、商品の詳細を詳しく見て自分で判断するしかありません。
お肌の弱い人は添加物が刺激になるので、100%オーガニックか注意してください。

無添加とオーガニックは同じではない

オーガニックのボディソープを選ぶ際の注意点の2つ目は、無添加とでの勘違いです。
オーガニックと無添加は似ているようですが、同じ種類ではないので注意してください。
オーガニック成分は、自然界から採取できるからだに良い栄養や美容成分のことです☆
からだに害がほとんどなく、自然の葉や果実や花から抽出した成分なんです。

無添加は化学物質がゼロではない可能性もあり、敏感肌に必ず良いワケではないです。
無添加にはしっかりした定義がなく、アレルギーを起こす102種類の成分表示は必須。
化粧品の成分は全表示が義務化され、どの成分が良いのか悪いのか分かりにくいです。
102種類の成分を含んでいなければ無添加表示はなく、敏感肌には不安要素が残ります。

洗浄力優しめ保湿成分多めの種類を選ぶ

オーガニックのボディソープを選ぶ際の注意点の3つ目は、洗浄力と成分の確認です。
オーガニックが100%でない可能性も含め、洗浄力がマイルドで優しいのか?さっぱりし過ぎて必要なものまで取り除かないか?しっかりよく見て確認することが必要です!
保湿成分が豊富に含まれているかも重要で、少ないと肌のコンディションに影響します。

敏感肌を優しくいたわりながら洗えて、洗いながら保湿もしっかりできるかが大切です。
成分表示が分からない場合は、商品を前にスマホで調べることもおすすめです。

オーガニックのボディソープおすすめ7選!

オーガニックのボディソープには、さまざまな成分の種類があるので選ぶのに迷います。
最近は内容だけでなく、おしゃれなボトルデザインや香りも重要視されています。
ここでは、オーガニックのボディソープのおすすめを7つご紹介していきます♡
ドラッグストアやデパートで購入できるので、ぜひ迷った際の参考にしてみてください。

①ウカ ボディウォッシュ ハグ

ウカのボディウォッシュ ハグは、ペットボトルのようにスタイリッシュな見た目。
ミネラルが豊富な死海の塩と、自然由来の美容オイル配合でツルツルなしあがりです。
マンダリンオレンジ、イランイラン、ユズなど、果実の香りでリラックス効果も♡
そこへスパイシーなブラックペッパーがアクセントになって、大人っぽいです。

ツルツルした洗い心地ですが、洗ったあとはしっとりとお肌を保ってくれます。
敏感肌、乾燥肌におすすめで、お肌にベールの膜を張って外部の刺激から守ります。

②アミノメイソン ホイップクリームボディソープ ライト

アミノメイソンのホイップクリームボディソープ ライトは、最近出た新商品です♡
ユニークでおしゃれなボトルで、海外のアメリカンチックな雰囲気もあります。
保湿成分のマヌカハニーとリピジュアで、ツルツルしてしっとりなお肌へ近づけます。
セラミドを配合していて、お肌のバリア機能を整えてコントロールしてくれますよ。

③ザ パブリック オーガニック スーパーリラックスボディソープ

ザ パブリックのオーガニック スーパーリラックスボディソープは、自然由来成分99%とほぼオーガニックで間違いなしの成分配合のボディソープです(*^▽^*)
シンプルで大人っぽいボトルで、ラベンダーとゼラニウムのアロマ効果もプラス♡
植物由来の洗浄成分の有機ソープナッツとカリ石けん素地が、さっぱり洗います。

保湿成分にはダマスクバラ花水に、マルラオイルとアルガンオイル配合でしっとり肌に。
香料、着色料、パラベン、パラフィン、シリコン、鉱物油など不使用です。

④ウェリナ オーガニクス 全身シャンプー キココ

ウェリナのオーガニクス 全身シャンプー キココは、ハワイアンなデザインボトル♡
全身洗えるオーガニックのボディソープで、赤ちゃんからお年寄りまでおすすめです。
海洋深層水配合でミネラルたっぷりで、マカデミアナッツオイルとククイナッツオイルでしっとりモチモチな洗いあがりにしあげてくれます。

キメ細かい濃密泡がつくれて、髪からからだまで泡でふわふわ洗えて摩擦レスにも。
シトラスとフローラルの香りで、アロマも楽しみながらバスタイムを過ごせますよ。

⑤オルモニカ ボディウォッシュ モイストホワイトフローラル

オルモニカのボディウォッシュ モイストホワイトフローラルは、ワインのようなボトル♡
大人なバスタイムにぴったりのデザインで、置き場所を取らずにスタイリッシュです。
ローズヒップ、ローズマリーといった植物成分配合で、マイルドな洗いあがりが特徴です。
ホホバ、オリーブ、ボタニカルオイル配合で、しっとり乾燥から守りながら洗えます。

⑥ジョンマスターオーガニック ボディウォッシュ

ジョンマスターオーガニックのボディウォッシュは、認定オーガニック成分配合。
グリセリンとアロエベラエキスが含まれていて、肌荒れを落ち着かせながら保湿します。
キメ細かなもっちり泡で、洗うたびにお肌をふっくら柔らかな状態へ導きます♡
バニラとブラッドオレンジの香りで、どこか色っぽく大人な雰囲気を楽しめますよ。

⑦ピュビケア オーガニック フェミニンシフォンソープ

ピュビケア オーガニックのフェミニンシフォンソープは、弱酸性のボディーソープ。
人間のからだと同じ弱酸性なのでお肌に優しく、低刺激なココナッツ由来の成分で洗いあげるので、敏感肌や乾燥肌の人にも安心して使うことができます。
保湿成分のハチミツエキス配合で、ツヤがあってしっとりしたお肌にしあがります♡

ビターオレンジとレモン、ジャスミンとネロリ、ローズとイランイランの3種類の香りがあるので、日によって気分で替えながら使っても気分転換でリフレッシュできますよ。

オーガニックのボディソープで健やかなお肌を手に入れましょう

オーガニックのボディソープのおすすめとメリットを中心に解説しました♡
オーガニックのボディソープは、自然由来の洗浄成分と保湿効果でお肌に優しいです。
敏感肌、乾燥肌、赤ちゃんと子供におすすめで、大人やお年寄りにも使えます。
オーガニック表示は100%でない場合もあるので、成分に注意して選ぶようにしましょう。
TOP