腸活で体の内側から美しく!今日から始められる美腸ライフ

腸活で体の内側から美しく!今日から始められる美腸ライフ

丁寧なスキンケアを心がけているはずなのに、なかなか肌荒れが治らない・・・。それ、もしかしたら腸が原因かも?朝活、婚活、就活など様々な○○活が流行する昨今の世の中。今日は、内側からあなたを綺麗にしてくれる「腸活」をご紹介します。
丁寧なスキンケアを心がけているはずなのに、なかなか肌荒れが治らない・・・。

それ、もしかしたら腸が原因かも?朝活、婚活、就活など様々な○○活が流行する昨今の世の中。今日は、内側からあなたを綺麗にしてくれる「腸活」をご紹介します。

腸活ってなに?


腸は食べ物の栄養を吸収したり、そこで出た老廃物を排出したりしてくれる臓器です。脳からの指令がなくても動くことができる上、独自の神経系を持っていることから「第二の脳」なんて呼ばれることもあるくらい、体の中でとても重要な役割を担っています。

腸活で内側から綺麗に

腸内が汚れていると、肌のハリツヤが失われ、シミやシワが目立つようになってしまいます。腸を綺麗にすることによって、睡眠の質の改善、アンチエイジング、ダイエット効果、免疫力アップなど、女性に嬉しい美容効果がたくさんあるのです。

心の状態も腸と関係している!

腸というと排便機能の印象が強いですが、実は、心の状態とも密接に関係しています。脳の神経伝達物質であるセロトニン。別名「幸せホルモン」と呼ばれるこの物質も、実は、95パーセントは腸で作られていると言われています。昔から、怒りを感じた時は「腹が立つ」「はらわたが煮え繰り返る」なんて表現をしますが、昔の人は腸と心が繋がっていることを無意識に感じていたのかもしれませんね。

良い腸の条件


では、どんな腸が良い状態なのでしょうか?腸活で目指すべき腸は、「理想的な便が毎日出る腸」です。では、良い便とはどのようなものでしょうか?

良い便の条件

・バナナ1〜3本分の量
・軽く水に浮く
・異臭がしない
・力まなくてもスルッと出る

毎日の排便は1日一回、量でいうと140〜150グラムほど出ていれば問題がないと言われています。便秘がち方は、一度記録を取ってみると良いでしょう。

なにをすればいいの?簡単に始められる腸活の方法!


腸活の方法は、実はとても簡単です。日常生活に今すぐ取り入れられる腸活をご紹介します。

起床後、コップ一杯の水を飲む

便秘の原因のほとんどは、水分不足からきていることをご存知ですか?朝目覚めたらまずコップ一杯の水を飲む事で、お通じをスムーズにすることができます。水を飲むことで胃が下がって腸が刺激され、腸の働きを活発にしてくれる効果もあります。内臓を冷やさないよう、常温か白湯で飲むようにしましょう。炭酸水も効果的です。

腸活の決め手は「発酵食品」と「食物繊維」

腸活中の食事で意識することは、発酵食品と食物繊維を積極的に摂ることです。

人間の腸内細菌は200種類以上。数でいうと100兆個以上にもなると言われています。腸内環境を良好に保つには、この腸内細菌の中で「善玉菌」と呼ばれるものを優勢にする必要があります。
そこで効果的なのが発酵食品と食物繊維。ヨーグルトやチーズ、納豆などの発酵食品と、アーモンドやひじき、アボカド、大根などの食物繊維は、毎食摂るように心がけましょう。

適度な運動をするのも重要なポイント!

腸の健康に必要不可欠なのが、運動です。ウォーキングなど軽めな運動でいいので、1日30分は体を動かす習慣をつけましょう。それでも仕事が忙しくてなかなか運動をする時間が取れない方のために、寝る前や、起きた時に寝たままできるエクササイズをご紹介します。腸の形を整えると同時に腰痛を緩和する効果もあるポーズなので、ぜひ毎日続けてみてください!
◉ガス抜きのポーズ
1、仰向けに寝た状態で、両膝を抱えます
2、息を吐きながら、頭と膝を近づけます。この時、太ももを下腹部に押し付けるように意識しましょう。
3、上体を戻し、息を吸います。この動作を何度か繰り返しましょう。

これはNG!腸活に逆効果なこと

発酵食品や食物繊維と反対に、食べると腸内環境を悪化させてしまう可能性が高い食べ物があります。全く食べないようにするのは難しいと思いますが、普段の食生活の中で摂りすぎないように意識すると良いでしょう。また、そのほかにも腸活に悪影響があると考えられているものをご紹介します。

悪玉菌を増やしてしまう食材

・大量の動物性タンパク質や脂質
・マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸
・人工甘味料
・パンやパスタに含まれるグルテン

肉類や魚介類、卵、乳製品など、動物性タンパク質や脂質を大量に摂取すると悪玉菌が増加して腸内環境を悪化させてしまう恐れがあります。しかし、これらにも必要な栄養素が含まれているので、適量であれば問題はないと思います。食べる際は同時に食物繊維をしっかり摂るよう意識しましょう。

睡眠不足

睡眠時間が不足すると、自律神経の働きが乱れて腸内環境も悪くなってしまいます。腸内環境が悪くなるとさらに睡眠の質が悪くなり、悪循環に陥ってしまいます。睡眠時間はしっかり確保するようにしましょう。

ストレス解消

先述した通り、心と腸は密接な関係にあることが分かっています。ということは逆に考えると、ストレスが溜まると腸内環境が悪くなってしまうということです。ストレスによって腸内細菌のバランスを崩すことがないよう、日頃からうまくストレスを発散できる方法を身につけておくと良いですね。

綺麗は内側から!腸活で健康的な生活習慣を作ろう


腸内環境を整えることは、良好な生活習慣を作ることに直結しています。ご自身の腸内環境をこまめにチェックし、今の自分の健康状態をしっかり把握する習慣をつけることで、内側から綺麗になりましょう!
TOP