マスクについたメイクが落ちない!マスクの洗濯方法を紹介します

マスクについたメイクが落ちない!マスクの洗濯方法を紹介します

マスクは外出するとき、仕事をするときの必需品となっています。 マスクは使い捨てのものだと肌荒れになるという人も多く、洗って使うタイプを選んでいる人もいるでしょう。 家にいる時間が増えたことで自分で布マスクを作って楽しむなんて人もいるかもしれません。 マスクについたメイクを綺麗に落とす洗濯方法をまとめました。
マスクは外出するとき、仕事をするときの必需品となっています。
マスクは使い捨てのものだと肌荒れになるという人も多く、洗って使うタイプを選んでいる人もいるでしょう。
家にいる時間が増えたことで自分で布マスクを作って楽しむなんて人もいるかもしれません。
マスクについたメイクを綺麗に落とす洗濯方法をまとめました。

布マスクの洗い方は?


布マスクは洗って何度か使えるため、できるだけ長持ちさせたいという人もいるのではないでしょうか。
きちんとした方法で洗えば、清潔に長く使うことができ、節約にもなります。
まずは厚労省・経産省推奨のマスクの洗い方を紹介しましょう。

①衣料用洗剤で洗う

初めに洗濯桶などを用意してマスクを衣料用洗剤につけておきましょう。
10分ほどたったら軽く押し洗いをします。
この時にもみ洗いすると繊維を痛めるので注意してください。
繊維が毛羽立つことで、肌に当たった部分にも刺激になります。

マスクを洗い終わったら水道水ですすいで、水気を切りましょう。
水気を切るときにも絞るようにするのではなく両手で挟んで押すようにします。

②塩素系漂白剤につける

水気を切ったマスクを次に塩素系漂白剤につけこみます。
洗面器に1リットルの水と塩素系漂白剤15ミリリットルを入れて漂白剤液を作ります。
漂白剤液に10~15分ほどつけこんだ後は水気を切って、2回以上は水道水ですすぎましょう。

塩素系漂白剤は強いアルカリ性です。
直接触ると危険なので肌を痛めないようにゴム手袋を着用してから使いましょう。

すすいでから最後に清潔なタオルで水気を切ります。
マスクは洗濯によって縮むことがあるので、干す前に両手で引っ張るようにして形を整えます。

③陰干しする

洗濯ばさみでマスクをとめて陰干しします。
この時にゴムの部分でマスクをとめるとゴムが伸びてしまいます。
マスクの形が崩れる原因にもなるので形を整えながら干しましょう。

毎日マスクを洗うのは面倒に感じるかもしれませんが、帰宅してから手洗いのついでにマスクをつけこむように習慣にしてしまえば負担も少なくなります。

布マスクにメイクを付けない方法は?


布マスクについてメイクは食事の時などちょっとマスクを外したときにも気になるものです。
布マスクにまずメイクを付けない方法はあるのでしょうか。

ファンデーションを化粧下地にする

ファンデーションがついて気になるという人はファンデーションをつけるのはやめて化粧下地と無色のパウダーでベースメイクを仕上げてみましょう。
シミや色ムラなどはコンシーラーやコントロールカラーでカバーするようにします。

またどうしてもファンデーションは使いたいという人は、部分的に使うか、リキッドタイプのファンデーションを薄くのばすようにして使いましょう。
チークもリキッドタイプやクリームタイプのほうが密着してマスクにつきにくくなります。

リップはティントタイプのものを選ぶ

グロスやツヤツヤのリップはマスクにもつきやすくなります。
表面がべたべたしないマットリップや唇自体を染めるティントリップがおすすめです。

またくっきりとした色はマスクについたとき目立ってしまいます。
メイク崩れも崩れやすくなるので、崩れにくい肌になじむ色を選ぶようにしましょう。
またいつものリップを使いたいという人はリップのにじみを防ぐリップコートを使ってみてください。

清潔感があるマスクのためには洗濯にもこだわろう!


家庭で洗えるマスクは綿素材やガーゼ生地などで作られたますくのほか、パッケージに家庭で洗えると表示されたマスクです。
まずはマスクが洗えるかどうかチェックしてみてください。

TOP