美容にいい水の飲み方とは?今日から水の飲み方を変えよう!

美容にいい水の飲み方とは?今日から水の飲み方を変えよう!

きれいな人はみな「水」を飲んでいますよね。モデルや女優さんをはじめ、身近な人でもきれいな人は水を飲む習慣があり、飲み方もただ飲むだけではありません。今回は、美容にいい水の飲み方を紹介させていただきます。
きれいな人はみな「水」を飲んでいますよね。モデルや女優さんをはじめ、身近な人でもきれいな人は水を飲む習慣があり、飲み方もただ飲むだけではありません。今回は、美容にいい水の飲み方を紹介させていただきます。

水の美容効果とは?

水って何気なく飲んでいますが、実は美容効果があるのだとか。
どのような美容効果があるのかを知り、今日からしっかり水を飲んでいきましょう♪

乾燥肌やシワの予防

水を飲むということは、肌にもしっかり水分を与えることにつながります。
乾燥肌を防ぐためにも水分補給は大事であることを忘れないようにしてください。

美肌効果

美肌というのは、水分量がしっかりあって潤っている肌ですよね。
水を飲むことによって、その効果を得ることができます。

スキンケアをしっかりしていても、あまり美肌効果を感じられないという人は、水をしっかり飲むようにしてください。

むくみの解消

水を飲むとむくむと思っている人がいますが、これは間違い。
常温の水を定期的に飲むとむくみにくくなると言われています。
できれば、食事30分前に飲むことができれば理想的です。

このときに、冷たい水は飲まないようにしましょう。
体に負担をかけてしまいます…。

食欲を抑制する

ダイエットで食事の量を減らしている人におすすめなのは、食事30分前に水を飲むということ。
新陳代謝が高まるので、消費カロリーを上げることにつながります。

食後に水を飲むのだけは避けましょう。
消化が遅くなりますし、むくみにもつながりやすいです。

アンチエイジング効果

水を飲むことでアンチエイジング効果があります。
肌の老化を食い止めるために、外側から保湿をするのと同じように、体のなかから水分補給をするということは大事なことです。

この場合も常温の水をゆっくり飲むことが大事であり、1回あたりの水は200mlくらいにしておくことが望ましいでしょう。

美容にいい水の飲み方について

水を飲むことが美容に効果があるからといって、やみくもに水を飲めばいいというわけではありません。
正しい水の飲み方を知ることによって、しっかり効果を出していきましょう。

1日にどのくらい水を飲むか

1日トータルで1.5リットル~2リットルくらいの水を飲むのがおすすめです。
1.5~2リットルは少し幅がありますよね。
実際には、体重×30倍とされており、50Kgの人であれば、1500mlなのだとか。

飲むタイミング

美容にいい水の飲み方として、飲むタイミングも気になるところです。
たとえば、1.5リットルの水を1日に飲むとしても、それを一気に飲んでも意味はありません。
だいたい8回に分けて飲むことが必要と言われています。

コップ1杯は約200mlなので、8回に分けて飲むと丁度いいくらいの量になるでしょう。

飲むタイミングとしては、食前に飲むと食べ過ぎを防いでくれますし、お風呂に入る前や寝る前も外さないようにしたいものです。

食後に水を飲みたくなるという人もいるかもしれませんが、食後に水を飲むとデメリットも多いので避けた方がいいでしょう。

水の温度

水の温度は8度~13度が適温とされています。
少し冷たいと感じるかどうかの温度が水の適温だということが分かりますよね。

しかし、人がおいしいと思う水の温度は5度くらいだと言われており、まさに冷蔵庫で水を冷やした場合は5度くらいに落ち着くのだとか。

美容効果を狙って水を飲む場合は、8度~13度を目安にしましょう!

美容にしっかり効果を出す水の飲み方で美人度アップしましょう

美容効果をしっかり出すには正しい水の飲み方を実践していくことが必要ですよね。
1日あたりの量、1回あたりの水の量、回数……思いのほか、美容に効果を発揮する水の飲み方にはルールがあります。

正しい水の飲み方を実践して、美しさに磨きをかけましょう♪
TOP