自撮りって難しい!? 初心者出も活用できるコツを紹介!

自撮りって難しい!? 初心者出も活用できるコツを紹介!

スマホなどが普及して「自撮り」が当たり前になってきていますよね(n*´ω`*n) 自撮りを上手く使うことで、SNSの楽しみも増やせたという人がいると思います。 でも、逆に自撮りが上手く出来ない人もいると思うんですよね(;^ω^) 今回は自撮りのコツについて見ていきましょう(`・ω・´)

初心者でも簡単!自撮りのコツとは?

自撮りのコツと言っても「難しそう」って思う人もがいると思います(・_・;)
でも、自撮りのコツって簡単なんですよ!
私も最初は難しそうと思っていましたけど、簡単に取り入れることができましたから!
こちらでは、自撮りのコツで覚えておきたいことについて見ていきましょう!

スマホの持ち方

自撮りの基本として「スマホの持ち方」があります。
スマホの背面を中指と薬指で支えて、表側はスマホの外側に人差し指と小指を引っ掛けてください。
慣れるまでは若干大変ですけど、この持ち方が一番ブレずに自撮りができるんです!

カメラ画面のどこにポイントを置くか

どれだけ自撮りをしても「なんかイマイチ」ってことがありますよね。
それはカメラ画面のポイントの置き方がなっていないからです。
画面を9分割にすることを三分割法と言います。
中央のマスの四点にポイントを置くことで、写真の雰囲気がぐっと変わりますよ(n*´ω`*n)

背景を入れてみる

自撮りをしている人で意外と多いのが「背景無し」です。
顔のアップだけの自撮りをしている人も多いですけど、背景を入れた方が写真の雰囲気も良くなるって知っていますか?
背景を入れることでどこにいったのか、ということもよくわかります。
背景を入れることで笑顔も引き立ててくれる写真に仕上がるので、背景を入れることはしっかり考えておきましょう。

自撮りのために覚えておきたいポイント

自撮りのためには覚えておきたいポイントがいくつかあります。
こちらでは、どんなポイントを覚えておくべきかを見ていきましょう!

自分の顔の向き

顔の向きで自分の顔でも印象が大きく変わるんですよね(;^ω^)
基本的に人間は右側がキツネ顔、左側はタヌキ顔と言われています。
すべての人に当てはまるわけではありませんが、7割くらいの人が当てはまるようです。
優しく見せたい時は左側、クールに見せたい時は右側を見せるようにしましょう。

あごを上げるか・下げるか

あごを上げると威圧的、セクシーなどの雰囲気を出すことができます。
逆にあごを下げると可愛らしさなどを出すことができるのです。
あごをさげることで上目遣いとなるので、キュートさに拍車がかかるのでしょうね(n*´ω`*n)

眉をちょっとあげてみよう

目を大きく見せたい時は「目を大きく開く」のではなく、眉を2mm程度動かすようにしましょう。
目を大きく開くと目力が強くなりすぎてしまうからです(・_・;)
眉を動かすことで優し気な雰囲気のまま、目を大きく見せることができるんです。
2mmと言っても難しく感じる人もいますよね。
数字にすると難しくなりますが「少し眉をあげる」ということを意識するようにしてください。

自撮りにはちょっとしたコツを使うことで素敵な写真になる!

自撮りは難しいと感じている人もいますが、コツを覚えれば比較的簡単なんです。
難しいコツは何もないので安心してくださいね(n*´ω`*n)
本格的なポイントではなく、初心者でも可能なコツに注目しましょう。
初心者用のコツを覚えたら、応用編に移る、ということを意識してください。
最初から応用編のものを選んでしまうと、余計に自撮りが難しく感じてしまいます。
そうならないためにも、簡単なコツから覚えていき、ステップアップをしていくようにしましょう。
そうすることで、これまで以上に自撮りが楽しくなるはずですよ(n*´ω`*n)
TOP