タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

【骨格診断付き】骨格ウェーブに合うコーデは?特徴・おすすめの服装を紹介!

【骨格診断付き】骨格ウェーブに合うコーデは?特徴・おすすめの服装を紹介!

骨格ウェーブってどんな特徴があるの? 骨格ウェーブといわれたけど本当にそうなのかわからない こんなお悩みをお持ちの女性は、ぜひ本記事をご覧ください!骨格タイプには、「ストレート」「ナチュラル」「ウェーブ」の3つがありますが、今回はそのなかから「骨格ウェーブ」にフォーカスします。 骨格ウェーブの特徴や、似合う洋服のデザイン、素材、おすすめコーディネートについて詳しくご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

●骨格ウェーブってどんな特徴があるの?
●骨格ウェーブといわれたけど本当にそうなのかわからない

こんなお悩みをお持ちの女性は、ぜひ本記事をご覧ください!骨格タイプには、「ストレート」「ナチュラル」「ウェーブ」の3つがありますが、今回はそのなかから「骨格ウェーブ」にフォーカスします。

骨格ウェーブの特徴や、似合う洋服のデザイン、素材、おすすめコーディネートについて詳しくご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

あなたは骨格ウェーブ?まずは骨格診断でチェック

Q1.あなたのバスト位置はどのあたり?
A バスト位置は高い
B バスト位置は高くも低くもなく中くらい
C バスト位置は低め

Q2.鎖骨の印象は?
A 鎖骨が目立たない
B 鎖骨が太めで目立つ
C 鎖骨が細く浮き出ている

Q3.胸板の厚みはどうなっている?
A 横から見ると厚みがあり立体的
B 厚くもなく薄くもなく普通
C 薄くて華奢な印象

Q4.腰の位置はどのあたり?
A 腰の位置は高め
B 腰の位置は普通
C 腰の位置は低め

Q5.ウエストの印象は?
A くっきりとしたくびれがある
B くびれがあまりわからない
C なだらかなくびれがある

Q6.脚全体の特徴は?
A 太ももが太めで膝下に肉がつきにくくすっきりしている
B 骨ばったり筋張ったりしており、すねの骨が太め
C 太ももが細めで膝下に脂肪がつきやすく、O脚気味

Q7.手の平・手の甲のサイズや厚みは?
A 小さめサイズで厚みがあり、弾力感がある
B 大きめで厚みよりも骨や筋の方が目立っている
C 普通サイズで薄い

Q8.首肩から肩にかけてのラインは?
A 首は短め、肩はなで肩気味
B 首は長めで筋張っており、肩幅が広い
C 首が細長く、肩のラインは目立った特徴がない

Q9.体全体位のシルエットや印象は?
A バストやヒップが大きめで、ハリのある体型
B 肉感的ではないが骨や骨の節がしっかり目立つ体型
C 上半身に比べて下半身にボリュームがある体型

Cが多い場合
骨格ウェーブ

「骨格ウェーブ」は、バストやウエスト・腰位置が下の方にあり、下半身にバランスの重心があります。下半身に比べて上半身が華奢なのが特徴です。

関節が小さめで筋肉質ではないので、身体全体のラインが細めなのも特徴のひとつです。

 

骨格ウェーブの特徴

骨格ウェーブにおすすめのファッションアイテム・素材

骨格ウェーブの特徴がわかったところで、骨格ウェーブさんにぴったりのファッションアイテムを見ていきましょう。華奢な上半身に対して、ボリュームがある下半身のバランスを取るのが難しいと感じている方も、アイテム選びをきちんとすることで、スタイルアップできるはずです。

おすすめのアイテム

トップス

・ラウンドネックやボートネック
・パフスリーブのブラウス
・ビッグカラーシャツ

骨格ウェーブさんが得意なトップスは、ラウンドネックやボートネックのような、胸元が開きすぎないデザインです。薄い胸元の肉感をカバーしつつ、華奢でキレイな鎖骨を見せられるのでスタイルアップを叶えてくれますよ。

同じく、首やデコルテ周りにボリュームを足してくれるビッグカラーシャツも好相性。肩周りがほっそりしている骨格ウェーブさんは、ふんわりしたパフスリーブのブラウスも似合います。

パンツ

・テーパードパンツ
・ハイウエストパンツ
・スキニーデニム
・スカート見えするパンツ

下半身にボリュームが出やすく、重心が下になりがちな骨格ウェーブさんには、足元を軽く見せてくれるタック入りのテーパードパンツがおすすめです。腰回りのボリュームをカバーしつつ、足元に向かって緩やかに細くなっていくシルエットでスタイルアップさせてくれますよ。

また、ウエスト位置を上に見せてくれるハイウエストパンツも似合います。スカーチョのようなスカート見えするパンツは、下半身をうまく隠してくれるので取り入れたいデザインです。

デニムパンツが履きたい場合は、細身かつクロップド丈のスキニーデニムならバランスが取りやすいですよ。

スカート

・フレアスカート
・チュールスカート
・プリーツスカート
・ミニスカート

骨格ウェーブさんが得意なスカートのデザインは、ウエストから裾にかけてキレイに広がるフレアスカートや、チュールスカート・プリーツスカートなどです。気になる下半身のボリュームがカバーされ、より魅力的な着こなしができます。

着丈は膝下やミモレ丈がおすすめです。気分を変えたいときは、骨格ウェーブさんの細い太ももがキレイに見えるミニスカートを選ぶのもよいでしょう。

ワンピース

・Aラインワンピース
・ハイウエスト切り替えのデザイン
・フリルやレースが付いた装飾的なデザイン

骨格ウェーブさんは、アルファベットのAを描くようなラインや、ウエストが高い位置で切り替えてあるデザインのワンピースがとてもよく似合います。スカートのときと同じように、裾に向かって広がるシルエットを選ぶのがポイントです。

袖口や胸元にフリルやレースの装飾が着いているようなデティールも、華奢な肩周りにボリュームを持たせてくれるのでおすすめです。どんなワンピースを選ぶ場合でも、上半身はコンパクトで下半身がふんわりした、メリハリあるシルエットのものを選ぶように心がけましょう。

アウター

・ファーコート
・ショート丈ダウン
・リバーコート

骨格ウェーブさんにぴったりのアウターは、ファーコートやショート丈ダウンのような、短めの丈で、ふんわりしたデザインです。華奢な上半身にボリュームを持たせ、目線が上に来ることで、スタイルアップした着こなしができますよ。

また、ウエストでキュッと紐を絞って着るリバーコートもおすすめです。通常ならば、骨格ウェーブさんはロングアウターが苦手な傾向がありますが、軽い素材で華やかな印象のリバーコートなら似合います。

おすすめの素材

トップス

・リブ編みニット
・アンゴラ・モヘアニット
・シフォン

骨格ストレートさんの華奢な上半身を華やかに彩ってくれるのが、リブ編みやアンゴラ・モヘアニットのような、ふわふわ・モコモコした素材です。シフォンのような柔らかい素材を取り入れるときは、袖や首元にフリルがたっぷりと付いたアイテムを選んでくださいね。

シンプルすぎる素材よりも、立体感が出るようなふんわりした素材を選ぶことで、骨格ウェーブさんの女性らしい繊細な印象と、カーヴィーなボディラインを活かすことができますよ。

パンツ

・サテン
・ベロア
・薄いデニム

下半身のボリュームをなるべく抑えたい骨格ウェーブさんは、ツルツルしたサテンやベロアのような、すとんと落ちる素材のパンツを選ぶのが正解です。テーパードパンツのようなきちんと感のあるアイテムのときも、なるべく薄くてとろみ感のあるような生地をチョイスして。

骨格ウェーブさんが苦手とするデニムを履くときは、8〜10オンスくらいの、なるべく薄めのデニム生地を選ぶことをおすすめします。

スカート

・シフォン
・チュール
・レース

スカートに使う生地は、柔らかくて落ち感のある、シフォンやチュール素材のアイテムがおすすめです。下半身にボリュームのある骨格ウェーブさんの膝下を、すっきり見せる効果がありますよ。また、レースのように軽くて華やかな素材も骨格ウェーブさんの得意な素材です。

さらに、これらの素材を使った細めのプリーツ素材のスカートも素敵に着こなせますよ。軽くてふんわりした、揺れ感や落ち感がある素材を意識して取り入れてくださいね。

ワンピース

・リブニット
・シフォン
・ツイード
・レース

骨格ウェーブさんに選んでいただきたいワンピースの素材は、リブニットやシフォンです。厚みのある素材のツイードも、Aラインシルエットのデザインを選べば、気になる骨格バランスを補正しつつ、素敵に着こなせます。

スカート同様に、華やかな印象になる繊細なレース素材もおすすめです。上半身がニットで、スカート部分がシフォンになっているような異素材切り替えのワンピースも、骨格ウェーブさんの骨格の良さを活かしておしゃれに着こなせるでしょう。

アウター

・ツイード
・ファー
・ダウン
・リバー素材

アウターの素材は、骨格ウェーブさんの華奢な上半身にボリュームを足すことのできる、ふんわりしたものを意識して選ぶようにするとよいでしょう。例えば、ツイードやファー、ダウンのような素材です。

着丈の長いアウターが着たいときは、2枚の生地を1枚に縫い合わせたリバー素材にするのがおすすめです。軽くて柔らかいドレープ感がきれいなので、骨格ウェーブさんの繊細なボディラインが隠れてしまうことなく、上品に着こなせますよ。


<h2>骨格ウェーブさんにおすすめのファッションコーデ25選</h2> 
骨格ウェーブさんが素敵に着こなせるコーディネートを試してみませんか?先ほどご紹介した、似合うデザインと素材を組み合わせたコーディネート例を見ていきましょう。日々の洋服選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

 

骨格ウェーブさんにおすすめのファッション15選

骨格ウェーブさんが素敵に着こなせるコーディネートを試してみませんか?先ほどご紹介した、似合うデザインと素材を組み合わせたコーディネート例を見ていきましょう。日々の洋服選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

骨格ウェーブさんが着こなすトップスを主役にしたコーディネート

まずは、骨格ウェーブさんに似合うデザインのトップスを軸にしたコーディネートをご紹介します。装飾のある、デザイン性の高いアイテムが似合う骨格ウェーブさんなので、きっとトップス選びも楽しめるはずです。

骨格ウェーブさんの華奢な肩周りを華やかに演出してくれる、パフスリーブを主役にしたコーディネートです。寂しくなりがちな首周りにボリュームのあるネックレスをプラスしたり、柔らかな素材のフレアスカートを持ってきたりと、骨格ウェーブさんに似合う王道の組み合わせですね。


 

パッと目を引く鮮やかカラーをトップスに持ってくるのも、骨格ウェーブさんのバランスを補うスタイルアップ術です。クルーネックとパフスリーブのデザインを選べばいうことはありません。

さらに、小さなショルダーバッグを持ったり、ベルトでしっかりウエストマークしたりすれば、メリハリのあるコーディネートの完成です。


 

首周りにボリュームのあるデザインが似合う骨格ウェーブさんは、こんなに大きなカラーがポイントになったトップスも似合います。「甘くなりすぎるのが苦手」という方は、モノトーンでまとめたり、パンツスタイルで取り入れたりするのが失敗しないコツです。

足元はボリュームを抑えたサンダル、そして小物は、短い持ち手の小さなバッグにするのもお忘れなく。

骨格ウェーブさんでもパンツをスタイリッシュに着こなせる

素材やデザインの選び方次第で、骨格ウェーブさんでもすっきりスタイリッシュにパンツを着こなすことができますよ。「いつもスカートやワンピーススタイルばかり」「パンツスタイルのバランスがうまく取れない」という方も必見です。

ハイウエストのテーパードパンツに、首と肩周りにギャザーでボリュームを出したブラウスをインしたきれいめコーディネートです。小さめサイズのバッグや、耳にかけてタイトにまとめたショートヘア、赤いリップやゴールドのピアスも、目線を上に持ってくる大切なポイントですよ。


 

オフィスカジュアルにもぴったりな、ワイドパンツを主役にしたコーディネートです。骨格ウェーブさんのボリュームある下半身を、すっきり見せてくれるパンツのデザインですね。

マニッシュでかっこいいパンツには、シャツを合わせたくなるところですが、骨格ウェーブさんは、フェミニンなブラウスや華奢なサンダルで柔らかさを足すのがおすすめです。


 

ふんわりトップスにスキニーパンツを合わせたコーディネートなら、骨格ウェーブさんもバランスが取りやすいですよ。華奢な上半身にはボリュームを足して、気になる下半身はぴったりしたシルエットのボトムを選んで、メリハリを意識したコーディネートです。

骨格ウェーブさん得意のスカートでスタイルアップ

骨格ウェーブさん大得意のスカートスタイル。素材やデザインの選び方次第で、甘くてフェミニンなだけでなく、スポーティーでトレンド感たっぷりの着こなしも可能です。合わせるトップスのデザインや小物選びが重要ですよ。

ハイウエストで裾に向かってゆるやかに広がるフレアスカートは、骨格ウェーブさんにとても似合うアイテムです。さらにウエストにトップスをインして、上半身をコンパクトにまとめれば完璧です。

細かいポルカドット模様も骨格ウェーブさんに似合う柄なので、積極的に取り入れたいですね。


 

骨格ウェーブさんが得意なプリーツスカートを、ジャケットで少しだけマニッシュに着崩したスタイルです。淡いトーンのトップスとプリーツスカートを、ネイビーのジャケットで引き締めています。

袖を通すと硬い印象になってしまうテーラードジャケットですが、肩にかけて羽織ることで、程よい抜け感が出て、骨格ウェーブさんでも素敵に着こなせますよ。


 

時には気分を変えて、こんなミニスカートに挑戦してみませんか?実は、骨格ウェーブさんのほっそりした太ももを大胆に出すことで、着痩せ効果が得られるんです。「脚を出すのに抵抗がある」という方は、シアー感のあるタイツやブーツを合わせて、より美脚効果を狙ってみて。

骨格ウェーブさんがおしゃれ見えするワンピースのコーディネート

骨格ウェーブさんが得意とするアイテムであるワンピース。お呼ばれやホテルディナーなど、きちんとした印象にしたいワンピーススタイルから、カジュアルに着こなしたいデイリーコーディネートまで、さまざまなテイストのワンピーススタイルを見ていきましょう。

もしもワンピース選びに迷ったら、骨格ウェーブさん大得意の小花柄をチョイスしてみてはいかがでしょうか。高い位置で切り替えられたウエストとパフスリーブで、骨格ウェーブさんの、繊細でカーヴィーなボディラインのよさを最大限に引き出してくれますよ。


 

詰まった首元と、ハイウエスト切り替えのフィット&フレアのシルエットが、骨格ウェーブさんにぴったりのワンピースです。スカート部分が細めのプリーツになっているのもよいですね。

夏にはシャツを巻いたり小さめのカゴバッグを合わせて楽しみ、肌寒くなってきたら、モヘアのショート丈カーディガンを合わせるなどして着まわせそうです。


 

ミディ丈のフレアラインが素敵な、骨格ウェーブさんに似合う王道シルエットのワンピースです。骨格ウェーブさんが苦手な大柄も、こんなシルエットのワンピースで取り入れれば、難なく着こなせますよ。

いつもと違った柄で気分を変えたいときに試したいコーディネートです。

骨格ウェーブさんがスタイルアップできるアウターコーディネート

オーバーサイズやロング丈のアウターがトレンドの今、アウター選びに迷っている骨格ウェーブさんもいらっしゃるのではないでしょうか。コートのコーディネートに苦手意識があった方も、スタイルアップしてバランス良く着こなせる合わせ方をご紹介していきます。

ミディ丈のアウターを、ぎゅっと腰紐で結んでメリハリを付けたアウターコーディネートです。インナーに合わせたトップスは、やわらかくて透け感のあるメッシュニット。ボトムは落ち感がキレイなフレアスカートを持ってくれば、アウターの形と相まって、骨格ウェーブさんにぴったりのXシルエットになりますよ。


 

ふわふわのキルティングと大きな襟が目を引く、ショートアウターが可愛いですよね。キャップやイエローのミニバッグでポイントを上半身に持ってくることで、骨格ウェーブさんの下重心をカバーするコーディネート術もしっかり取り入れています。


 

ロング丈のアウターが着たくなったら、骨格ウェーブさんは軽い素材のリバーコートを選んでみてください。ウエストは腰紐でぎゅっと絞ってウエストマークしてくださいね。シフォンワンピースとブーツを合わせれば、コートを脱いでも抜かりなく、骨格ウェーブさんのボディラインをキレイに見せてくれますよ。

骨格ウェーブの方が避けたいファッション

骨格ウェーブの方が避けたいファッションのポイントをご紹介します。もちろんファッションの楽しみ方は自由なので、好きなアイテムならばコーディネートを工夫して着てみましょう。「手軽に垢抜けたい」「いつもよりスタイルアップした着こなしがしたい」という場合は、これからご紹介するスタイルは避けた方が無難ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

Vネックに胸元が開いたトップスやワンピース

首元やデコルテが華奢な骨格ウェーブさんは、胸元が大きく開いたVネックデザインが苦手です。胸元の華奢さが目立ってしまい、寂しい印象になってしまいますので、避けた方が無難といえるでしょう。

もしVネックのデザインを着用したい場合は、首にスカーフを巻いたり、短めのネックレスをつけたりするなどしてバランスを取れば、着こなすことができますよ。

オーバーサイズやIラインの服

切り替えのないダボっとしたオーバーサイズのトップスや、体の線を隠してしまうIラインのすとんとしたラインのワンピースなども、骨格ウェーブさんは苦手です。骨格ウェーブさんの魅力である、曲線的で繊細なボディラインが見えなくなり、着膨れして見えたりルーズな印象になったりする心配があるので、避けた方がよいでしょう。

ファッションに取り入れたい場合は、帽子やボディバックなどで目線を上に持ってくる工夫をすれば、骨格ウェーブさんでもバランスを取りやすいですよ。

ローウエストの服

ローウエスト切り替えのワンピースや、トレンドアイテムとして再注目されはじめたローライズのパンツも、骨格ウェーブさんは避けた方がよいアイテムです。もともと下半身にボリュームのある骨格ウェーブさんなので、ローウエスト切り替えの洋服はさらに重心が下がっているように見えて、コーディネートのバランスが取りづらくなってしまいます。

骨格ウェーブの魅力がアップする着こなしでスタイルアップしよう


骨格診断と、似合う洋服の形・素材・コーディネートをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

華奢で繊細なボディラインが魅力の骨格ウェーブさんは、上半身をコンパクトに、そして下半身はティアードスカートなど、ふんわりしたアイテムをチョイスして、フィット&フレアのシルエットを意識するのがスタイルアップのコツです。

それ以外のトレンドアイテムを取り入れたい場合は、小物使いやヘアスタイルで、目線を上AAに持ってくる工夫をしてみてくださいね。ご自身の骨格に似合う着こなしを取り入れて、毎日のファッションを、より楽しみましょう。

TOP