タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

【骨格診断付き】骨格ストレートに合うコーデは?特徴・おすすめの服装15選♡

【骨格診断付き】骨格ストレートに合うコーデは?特徴・おすすめの服装15選♡

●骨格ストレートってどんな体型? ●私は骨格ストレートだと思うのだけれどはっきりしない……自分にぴったり合った洋服のデザインを知りたい!

●骨格ストレートってどんな体型?
●私は骨格ストレートだと思うのだけれどはっきりしない……自分にぴったり合った洋服のデザインを知りたい!

そんな風に思っていらっしゃる女性はぜひご覧ください!

今話題の骨格診断で、あなたの骨格タイプが「ストレート」なのかどうか早わかり!さらに、似合う洋服のデザインや素材、そしてそれらを応用したコーディネートまで余すところなくご紹介します。

あなたは骨格ストレート?まずは骨格診断でチェック

Q1.あなたのバスト位置はどのあたり?
A バスト位置は高い
B バスト位置は高くも低くもなく中くらい
C バスト位置は低め

Q2.鎖骨の印象は?
A 鎖骨が目立たない
B 鎖骨が太めで目立つ
C 鎖骨が細く浮き出ている

Q3.胸板の厚みはどうなっている?
A 横から見ると厚みがあり立体的
B 厚くもなく薄くもなく普通
C 薄くて華奢な印象

Q4.腰の位置はどのあたり?
A 腰の位置は高め
B 腰の位置は普通
C 腰の位置は低め

Q5.ウエストの印象は?
A くっきりとしたくびれがある
B くびれがあまりわからない
C なだらかなくびれがある

Q6.脚全体の特徴は?
A 太ももが太めで膝下に肉がつきにくくすっきりしている
B 骨ばったり筋張ったりしており、すねの骨が太め
C 太ももが細めで膝下に脂肪がつきやすく、O脚気味

Q7.手の平・手の甲のサイズや厚みは?
A 小さめサイズで厚みがあり、弾力感がある
B 大きめで厚みよりも骨や筋の方が目立っている
C 普通サイズで薄い

Q8.首肩から肩にかけてのラインは?
A 首は短め、肩はなで肩気味
B 首は長めで筋張っており、肩幅が広い
C 首が細長く、肩のラインは目立った特徴がない

Q9.体全体位のシルエットや印象は?
A バストやヒップが大きめで、ハリのある体型
B 肉感的ではないが骨や骨の節がしっかり目立つ体型
C 上半身に比べて下半身にボリュームがある体型

Aが多い場合
骨格ストレート
「ストレート」は、上半身と下半身のボリュームが均等であり、体の重心は真ん中〜やや上あたりで膝下からスラリと伸びた脚が特徴です。

バスト・腰・ヒップの位置も高めでボリュームがあるので、メリハリのある健康的な印象の身体です。

骨格ストレートの特徴

骨格ストレートにおすすめのファッションアイテム・素材

骨格ストレートがどんなタイプかわかったところで、早速、魅力を引き立たせるファッションアイテムを見ていきましょう。今まで着たことのなかったデザインもあるかもしれませんが、挑戦してみると新しい自分に出会えるかもしれませんよ。

どんなアイテムがおすすめか、それぞれご紹介します。

おすすめのアイテム

トップス

・ベーシック&シンプル
・ジャストサイズ
・Vネック・Uネック
・デザイントップス

骨格ストレートさんの魅力を最大限に引き出すトップス選びのポイントは、「ベーシック&シンプル」なものを選ぶこと。VネックやUネックなど、首元にほどよい空きのあるデザインも、上半身をすっきりと見せてくれるのでおすすめです。

デザイン性の高いアイテムが欲しい場合は、カシュクールやスキッパーデザインも好相性。
逆に、首の詰まったデザインや、ダボっとしたオーバーサイズは避けるのが無難です。

パンツ

・センタープレスパンツ
・タックパンツ
・クロップドパンツ

腰位置が上で、ヒップに高さのあるメリハリボディが魅力の骨格ストレートさんに似合うデザインは、センタープレスやタックの入ったパンツです。ほどよい離れ感のある形と、縦の線を強調してくれるラインが、骨格ストレートさんの脚のラインをよりキレイに見せてくれますよ。

ほっそりとした膝下を活かすべく、クロップド丈のパンツをチョイスして、引き締まった足首を見せるのもおすすめです。

スカート

・膝丈のタイトスカート
・ラップスカート
・マーメイドスカート

骨格ストレートさんは、ひらひらとしたフリルのような装飾の少ないデザインからスカートを選ぶと、素敵に着こなせます。おすすめのデザインは、膝丈のタイトスカートやラップスカートです。

どちらも縦のラインを強調してくれるので、すっきりした膝下のラインを活かしてスタイルアップ効果が狙えますよ。実は、マーメイドスカートも骨格ストレートさんに似合う形です。パンツと同じく、スカートのシルエットは縦のラインが強調されるものを意識して選ぶとよいでしょう。

ワンピース

・シャツワンピース
・ラップワンピース
・Iラインワンピース

骨格ストレートさんがワンピースを選ぶ時にも取り入れたいキーワードは、「縦ライン」と「ジャストサイズ」です。縦のラインを強調してくれる、シャツワンピースやラップワンピース・Iラインワンピースがオススメです。

さらに骨格ストレートさんの魅力を引き出すデティールは、適度な胸元の開きと、付かず離れずのジャストなサイズ感。ハイウエスト切り替えや胸元の詰まったデザインは避けるのがベターですよ。

アウター

・トレンチコート
・テーラードジャケット
・ガウンコート
・ジレ
・チェスターコート

ここまで見てきて、骨格ストレートさんが似合う洋服のテイストがわかったという方も多いのではないでしょうか。パンツやスカート・ワンピースと同じく、かっちりと直線的なデザインのアイテムが大得意な骨格ストレートさん。

トレンチコート・テーラードジャケット・ジレ・チェスターコートなど、メンズライクかつマニッシュなアウターがとっても似合います。選ぶ時のコツとして、首や肩周りに装飾のないシンプルデザインにするとよいですよ。

おすすめの素材

トップス

・コットン(タイプライター生地)
・シルク(高級感のある厚みのあるもの)


骨格ストレートさんは、高級感のあるリッチなムードの素材がとても似合います。

トップスの素材を選ぶときには、タイプライター生地のようなハリ感のある素材や、リッチな光沢が美しい、厚みのしっかりあるシルク素材がマッチしますよ。

直線的なボディラインを際立たせる素材に着目して選ぶことで、自身の体型をより美しく見せられるはずです。

パンツ

・デニム(ワンウォッシュやリジッドデニムなどのキレイ目なタイプ)
・チノ素材

骨格ストレートさんの、メリハリあるボディラインの肉感を拾いすぎない、デニムやチノ素材といったパリッとしたハリのある素材がおすすめです。

デニム素材を選ぶ際は、高級感やクラス感を漂わせるワンウォッシュやリジッドデニムなどの、きれいめなデニムを選ぶとよいでしょう。

スカート

・しっかりした厚みのあるミラノリブ
・ウール
・デニム
・チノ素材

デニムと同じく、スカートの素材も厚みとハリのあるリッチなものをチョイスするのが、骨格ストレートさんのボディラインを引き立てるコツです。

Iラインがキレイなタイトスカートは、ミラノリブ素材やウール素材を使ったものが多く、トレンドスタイルを手軽に取り入れられるので、骨格ストレートさんに、ぜひトライしていただきたいアイテムです。

ワンピース

・しっかりした厚みのあるサテン
・コットン
・フェイクレザー

骨格ストレートさんに似合うワンピースの素材は、厚みのあるサテンやハリのあるコットン、さらに高級感のあるフェイクレザーなどです。それらの素材を、装飾の少ないシンプルデザインで取り入れると、上品でエレガントなワンピースの着こなしを手に入れられますよ。

アウター

・カシミヤ・ウールのコート
・ギャバジン(トレンチコートに使われる生地)
・レザー


骨格ストレートさんに選んでいただきたいアウターの素材は、前述したとおり、高級感とハリのあるもの。特に全体の洋服の大部分を占めるアウターの素材は、第一印象を大きく左右する大切なポイントなので、こだわりたいところです。

上質なカシミヤやウールのガウンコートやチェスターコート。はたまた、トラディショナルでハリのあるギャバジンを使ったトレンチコートを羽織って、颯爽と街を闊歩する姿が絵になりますよ。

骨格ストレートにおすすめのファッションコーデ15選

骨格ストレートの方に似合う洋服のデザインや素材を詳しく知ったところで、それらを組み合わせて素敵にコーディネートしてみませんか?アイテム選びをちょっと工夫するだけで、シンプルなのにどこかゴージャスな装いが手に入れられますよ。

トップスを主役にした骨格ストレートさんコーデ

まずはトップスをメインに組み合わせたコーディネートをご紹介します。もしかしたら、手持ちのアイテムで、どう着こなしたらわからない「タンスの肥やし」になっていた、お気に入りの洋服も活用できるかも♪

大きく胸元の開いたキャミソールは、デコルテのキレイな骨格ストレートさんに似合うアイテムです。「キャミソール1枚で着る勇気が出ない」という場合は、ボックスシルエットがかっこいい開襟シャツを羽織れば安心です。

 


 

骨格ストレートさんのメリハリあるスタイルにぴったりな、シャツを主役にしたコーディネートです。シャツとパンツ、どちらもジャストサイズを選び、シャツの胸元は大きく開けて、首周りをスッキリさせるのが着こなしのコツです。


 

骨格ストレートさんなら、こんなに大きく開いたVネックもオシャレに着こなせます。パンツはセンタープレスとスリットが入っており、縦ラインを強調したシルエットも忘れません。シンプルなデザインの洋服や小物を選ぶことで、立体的なボディラインを活かしたコーディネートが叶います。


 

大胆で大きなジオメトリック柄のパンツを軸に組んだスタイリングです。骨格ストレートさんは、大きな柄やコントラストがはっきりした柄が、華やかなボディラインに馴染んでとっても似合います。

ボトムスなら大胆な柄も取り入れやすいので、ぜひ挑戦していただきたいコーディネートです。


 

大人のリラックス感漂うシンプルなパンツスタイルも、オシャレに着こなせるのが骨格ストレートさんです。一見、何の変哲もなさそうなアイテムに見えますが、上質な素材感と、体にぴったり合ったサイジングが垢抜けポイントになっています。


 

胸元の大きく開いたタンクトップに、センタープレスパンツを合わせたコーディネートです。立体的でボリュームのある体型の骨格ストレートさんに、余計な装飾は必要ありません。アクセサリーも必要最低限にした究極のシンプルスタイルこそ、骨格ストレートさんに取り入れていただきたいファッションです。

骨格ストレートさんおすすめのスカートスタイル

骨格ストレートさんのなかには、「スカートの形を選ぶのが難しい」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、今期トレンドのデザインは、骨格ストレートさんの追い風となるようなアイテムが豊富に揃っていますよ。

普段スカートをあまり履かない方、スカートを履きたいけどデザインがいまいちしっくりこないという方、どちらのタイプの方も、ご紹介するコーデを参考にしていただけると嬉しいです。

骨格ストレートさんが得意とするタイトスカートは、取り入れるだけで今年顔になれるトレンドアイテムです。ヴィンテージライクなTシャツと合わせて、辛口カジュアルにまとめたコーディネートで、ショッピングや女子会、お出かけに繰り出しましょう。


 

寒い季節でも骨格ストレートさんがスタイルアップできる、重ね着のお手本のようなコーディネートです。大きく開いたネックラインや、タイトスカートで着痩せ効果は抜群です。ワントーンでまとめたシンプルなセットアップは、骨格ストレートさんにぜひ取り入れていただきたいアイテムです。


 

仕立てのよいブルーのシャツと、光沢がキレイなレザーのタイトスカートの組み合わせが、大人の余裕を感じさせるリッチなコーディネートですね。大ぶりのピアスやリングなどのアクセサリーでアクセントをつけたクラス感のある着こなしは、骨格ストレートさんにぴったりです。

骨格ストレートはかっこよくワンピースを着こなして

フェミニンでやわらかい素材が苦手な骨格ストレートさんなので、スカート同様、ワンピースも直線的でシャープなデザインを意識して選ぶと失敗がありません。ワンピースに羽織ものを足すなどして、骨格ストレートさんに似合うコーディネートに仕上げる技もご紹介していきますね。

「ふんわりフェミニンなワンピースが着たいけれど、うまく着こなせない」というお悩みを持つ骨格ストレートさんにオススメなのが、ジレを羽織ったコーディネートです。直線的なシルエットをプラスして、甘辛ミックススタイルに仕上げましょう。


 

一枚でストンと着られる、楽ちんなワンピーススタイルです。骨格ストレートさんに似合うシャツタイプのワンピースは、胸元を大きく開けて抜け感を出すのが着痩せするポイントです。縦のラインをより強調する大きめのストライプ柄も相まって、スッキリした印象に仕上がりますよ。


 

骨格ストレートさんが苦手とする、ふんわりしたティアードワンピースも、大きく開いたネックラインとマキシ丈で縦ラインを作れば着こなせます。かっこよく仕上げるために、ブラックのインナーや小物を使って、全体の印象を引き締めましょう。


 

骨格ストレートさんにぴったりの、上質で厚みのある素材を使った、アウターライクなワンピースです。肉感を拾い過ぎない、ハリのある生地で作られたIラインシルエットで、マニッシュなコーディネートを楽しんでくださいね。

骨格ストレートさん得意のスタイリッシュなアウタースタイル

骨格ストレートさん大得意のマニッシュなアウタースタイルをご紹介します。トレンドアイテムである、ジレやレザーアウターは直線的なラインが出せるので、骨格ストレートさんのスタイルアップに欠かせないアイテムですよ。

肩で風を切って、颯爽と街を歩きたくなるようなかっこいいコートに、デニムを合わせたシンプルコーディネートです。ロング丈でしっかりした生地のきれいめデザインのコートは、骨格ストレートさんの体をキレイに見せてくれます。ヒールを合わせれば、ほどよい女性らしさもプラスされますね。


 

ハンサムな印象のコーディネートも、キャメルを選べばソフトでやさしい雰囲気になります。光沢のある上質なメルトン生地と、地面スレスレのスーパーマキシ丈のコートは、骨格ストレートさんだからこそ着こなせるアウターです。

骨格ストレートの方が避けたいファッション


立体的なメリハリボディが自慢の骨格ストレートさんにも、その魅力が半減してしまう苦手なファッションがあるんです。

事前に避けるべきアイテムやコーディネートの知識を得ておけば、どんなシーンでも素敵な着こなしをすることができますよ。

オーバーサイズのダボっとした洋服

今トレンドの、ゆったり&ざっくりしたオーバーサイズのパーカーやアウターは、骨格ストレートさんの厚みのある胸元や短めの首元を強調し、悪目立ちさせてしまうことも。実際には体についていないお肉が、あるように見えてしまってはもったいないですよね。

いくらトレンドとはいえ、骨格ストレートさんは避けた方が無難なアイテムでしょう。

首元の詰まったハイウエスト切り替えのワンピース

いわゆるフィット&フレアのシルエットをしたワンピースも、骨格ストレートさんにとっては、避けた方がよいアイテムです。実際の腰位置よりも上で切り替えられたウエストラインや、フレアに広がるスカート部分が、上半身にボリュームのある骨格ストレートさんの体格を強調してしまいます。

よりスタイルアップした着こなしがしたい方や、華奢見せしたい方は、前述したシャツワンピースやIラインシルエットのワンピースなどを選ぶ事をおすすめします。

シフォンのティアードスカート

シフォンのティアードスカートは、裾にいくにつれて、横に横に広がっていくシルエット。
骨格ストレートさんの良さである、膝下から真っ直ぐに伸びたキレイな脚のラインを隠してしまっては、もったいないですよね。

ひらひらとしたシフォン素材も骨格ストレートさんには不向きな素材です。ふわふわした曲線的な素材を持ってくることで、本来の体のシルエットよりもかなり大きく見えてしまい、着膨れの原因となるので、避けた方がよいでしょう。

骨格ストレートに似合う洋服と着こなしでスタイルアップしよう


骨格診断と、似合う洋服の形・素材・コーディネートをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ゴージャスで華やかな存在感の骨格ストレートさんは、ハリのある素材で、縦ラインを意識したデザインの洋服を選ぶのが着映えするコツです。

着膨れが気になっていた方や、似合う洋服の選び方に迷っていた方、なんとなく洋服を選んでいたという方の参考になれば幸いです。ご自身の魅力を最大限に引き出して、よりスタイルアップした着こなしで毎日のおしゃれを楽しんでくださいね。きっと洋服選びが楽しくなるはずです。

TOP