タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

デスクワーク中に!座ったままできるストレッチをご紹介♪

デスクワーク中に!座ったままできるストレッチをご紹介♪

長時間座りっぱなしのデスクワークをしていると、あまり動かないため疲れが溜まっていると感じない人も多いかもしれません。しかし、実は動き回る仕事と同じように体には負担があるんですよ…! この記事では、デスクワーク中でも座ったままできるストレッチを解説します☆その後、座ったままの姿勢でいるデメリットなどもご紹介します。オフィスや家でデスクワークをしている人はぜひご覧ください♪

長時間座りっぱなしのデスクワークをしていると、あまり動かないため疲れが溜まっていると感じない人も多いかもしれません。しかし、実は動き回る仕事と同じように体には負担があるんですよ…!

この記事では、デスクワーク中でも座ったままできるストレッチを解説します☆その後、座ったままの姿勢でいるデメリットなどもご紹介します。オフィスや家でデスクワークをしている人はぜひご覧ください♪

座ったままで簡単ストレッチ!

さっそくですが、座ったままでできるストレッチを3つ解説します。とても簡単なストレッチなので、ぜひやってみてくださいね♡

足のむくみ解消ストレッチ

足がむくむと足がだるく感じたり、靴がきつく感じたりします。足のストレッチを行うと血行が良くなるので、むくみ解消が期待できるんですよ!

テレワークではなくオフィスの場合は、こっそりとストレッチしたいですよね。このストレッチはほんのちょっとの動きでできるのでおすすめです☆
できれば靴を脱いで行ってくださいね。むずかしい場合は、靴を履いたままでも問題ありません。

まず、椅子に浅く腰掛けます。そして、足を指先までまっすぐに伸ばします。
次に指先を上げるように伸ばします。ふくらはぎが伸びるのがよくわかるはずです♪これを繰り返します。

できれば、左右のつま先を交互にあげてみましょう。左右合わせて5回くらい行うのがおすすめ。終わったら、少し足を広げて足首を回すとさらにGOODです♪

おしりをほぐすストレッチ

長時間座ったままだとおしりが硬くなってしまいます。それをほぐすためのストレッチもしてみましょう!

まずは、椅子に座ったまま片足を写真のように抱えます。その後、上半身を倒すだけ!おしりや背中、腰の筋肉がほぐせますよ☆ストレッチをするときは、息を吸いながら背筋をい伸ばし、息を吐きながら状態を倒してくださいね♡

首と肩のストレッチ

次は上半身のストレッチを見ていきましょう。これもとっても簡単です♪


片手を掴み、上体を左右にゆらゆら揺らすだけ!息を吐きながら、3秒間くらいかけて倒すようにしましょう。体の側面が伸びるのが気持ちいいはず♪

倒す側の肘ができるだけ体に近づくように意識してみて☆5回ほど繰り返して終了です。

デスクワークは危険?長時間座っていると起こりやすい不調

日本人は世界でも座っている時間が長いと言われており、長時間の座りすぎが健康状態を害すると指摘されています。ここでは、座りすぎるとどんな不調が起こりやすいのかをご紹介します。

足がむくみやすい

座っているとおしりや腰に負荷がかかり、血管などが圧迫されます。そのため、血液やリンパの流れが滞り、老廃物や水分が溜まりやすくなります…。その状態から、足がむくんだり、太ももがたるんだりするのだとか……!

猫背になりやすい

長時間パソコンやスマホを触っていると、体は自然と楽な姿勢になろうとします。その結果、背中や腰が丸まってしまうことがあります。長時間座っていると習慣化する危険性があり、気づいたら猫背になっていたということも。
猫背は見た目だけの問題ではなく、内臓が圧迫されて血流やリンパの流れを悪くすることがあり、肩・首の凝りや腰痛を引き起こす可能性があります。

腰痛になりややすい

猫背で腰痛を引き起こすことがありますが、それだけではなく、座ったままでいることで下半身の体重が集中して腰痛を引き起こすことがあります。

お腹が出やすくなる

長時間同じ姿勢で座っていると、おなかの筋肉が楽な姿勢を取ろうとすることで筋力が低下しやすくなります。その結果、内臓が重力で下がってしまい、おなかがぽっこりと出る原因になります。

おしりが垂れる

座っているときはおしりの筋肉を使いません。そのため、座ってばかりいるとおしりの筋肉が低下してしまい、おしりが垂れる原因になります。

ストレッチ以外にできる健康法

ストレッチ以外にも健康方法がいくつかあるので、ここでは3つの方法に着目してみましょう。

立つ・歩く

座って仕事をしている場合、30分に1度ほど立ち上がるのが理想です。コピーや資料を取りに行ったりするなど、動ける仕事を積極的に行うとよいでしょう。

水分補給をする

水分を補給すると血液量が増え、血の巡りがよくなります。集中していると忘れてしまいがちですが、こまめに水分を摂りましょう♪コーヒーやお茶はカフェインが多く、利尿効果があるため、水やスポーツ度リングなどがおすすめです◎

仮眠する

お昼休みなどに仮眠をとると、疲労がやわらぐのでおすすめです。眠りすぎないように10〜15分の仮眠にしましょう☆

長時間座りっぱなしでも健康でいるために、適度な運動を心がけよう♪

今回は、デスクワークでもできる簡単なストレッチを写真付きで解説しました。思った以上に簡単だと感じた人もいるかもしれませんね。ストレッチは続けることが大切なので、手軽なものから始めるのが大切です!座りっぱなしのデメリットを改善するために、ちょっとした運動を心がけましょう♪

TOP