スキンケアは保湿が命

スキンケアは保湿が命

スキンケアを行っていく上で何よりも大切になってくるのが、保湿を徹底することです。乾燥は肌の大敵であり、乾くことによって肌荒れやシワなど様々な問題を招くことになります。

とにかく乾燥させない!徹底して潤った状態をキープする


スキンケアを行っていく上で何よりも大切になってくるのが、保湿を徹底することです。乾燥は肌の大敵であり、乾くことによって肌荒れやシワなど様々な問題を招くことになります。

スキンケアをするにあたって、より様々な効能が得られるアイテムを使わないと意味がないと考える人もいるかもしれませんが、基本である保湿がしっかり行えていれば、肌本来の力によってキメやハリなどの問題はキープされることが多いです。

逆にどれだけ高価な美容成分が含まれていようとも、保湿がしっかりしていないとあまり意味が無く十分な効果も得られません。スキンケアの基本は何よりもまず肌の潤いをキープすることであり、これが徹底できなければそれ以上のケアを行っても意味がないのです。

乾燥した肌はダメージを受けやすくトラブルを招きやすい

肌の水分量はそれがそのまま肌の強さともなります。乾燥した肌は防御力も弱くダメージを受けやすい状態で、シワなどができやすくなるのはもちろん菌にも弱く、炎症なども起こしやすくなります。

単なるかゆみはもちろんニキビ菌などの影響も受けやすくなるなど、乾燥は肌にとって何一つ良いことがありません。様々なトラブルを招くと共に肌荒れを招き、さらにケアをしても治りにくくなってしまうので、保湿をするということは美しさを維持すると共に、強い肌を作り上げていく上でもとても重要なことなのです。

潤いバリア機能を高めた肌はそれだけで美しく強く、手を掛けなくとも万全の状態をキープしやすくなります。乾燥は肌にとって大敵であり、これを防ぐことができれば肌の悩みの大半は解決できてしまうとも言えますから、たかが保湿と甘く考えることなく徹底したケアを行っていってください。

毎日コツコツケアを行って、常に潤った強い肌を維持していけるようにしましょう。

スキンケアアイテムは美容成分よりも保湿性を重視

美白やハリ、シワの改善などスキンケアアイテムには様々な効果を持つ成分が利用されていますが、強く美しい肌を育んでいくことを考えるのであれば、美容成分を含むものではなく、より保湿性の高いアイテムを選択すべきと言えます。

保湿以外の様々な成分が入っているアイテムは、そのぶん保湿のための成分が含まれる割合が少ないということでもあるので、乾燥を防ぎ肌に潤いを与えることを考えれば、余計なものの入っていない保湿に特化したスキンケアアイテムを選ぶのが良いと言えるでしょう。

そもそもスキンケアアイテムは肌の角質層までしか浸透しないため、沈んでしまった肌に弾力を与える、ハリを蘇らせるといった効果に特化するようなアイテムは矛盾するとも言えます。美白についてはメラニン色素を抑える効果をしっかり得ることができますから、保湿の他に効果を求めるのであれば、美白美容液などを合わせて利用していくと良いでしょう。

肌にとって一番大切なことは潤っていることですから、しっかりとした保湿効果を得られるスキンケアアイテムを選んでいってください。

乳液でしっかり蓋をして

化粧水や美容液でたっぷりと潤いを与えた肌は、乳液でしっかり蓋をしましょう。肌は潤いを与えただけだと時間が経つにつれて水分が蒸発してしまうため、スキンケアの仕上げとして乳液で蓋をするのが必須です。しっかり乳液を塗り皮膚表面に膜を張っておくことで、与えた水分を逃がさず長時間潤いをキープできるようになりますから、化粧水や美容液でケアを終わりにしてしまうというようなことが無いようにしてください。

乾燥の激しい時期はより保湿力の高い乳液を使うか、クリームを重ねづけるのがおすすめです。皮脂が多い人の場合、あまり乳液やクリームを塗りすぎると顔がベタついたり、皮脂の分泌量過多で毛穴トラブルがおきたりすることもありますから、肌とのバランスを考えて適したつけ心地のものを選ぶようにしてください。

朝晩に限らず日中も必要なお手入れを


肌の保湿は朝晩のスキンケアはもちろん、必要であれば日中も行っていくのがおすすめです。近年はメイクの上からでも使えるミスト化粧水などもありますから、こういったものを利用して保湿、乾燥を防いでいきましょう。

夕方の時間帯はどうしても乾燥が気になってきてしまいますので、ポーチに携帯用のミスト化粧水を忍ばせておくといつでもサッと保湿ができて助かります。肌が乾燥しているとメイクが崩れたり肌がかゆくなったりして掻いてしまうといったこともでてきますから、そういった問題が起こる前に上手に潤いをチャージしていけるようにしてください。

肌の潤いを保つためには、直接潤いを与えるだけではなく加湿器などを使って空気を乾燥させないのも有効です。秋冬の乾燥が気になる季節は加湿器によって部屋の湿度をしっかり保つことで間接的に肌の潤いも守っていけますから、様々な道具を賢く活用していってください。デスク用の携帯加湿器などもあるので、職場ではこういったものを利用していくのもおすすめです。
TOP
無題ドキュメント