美肌効果に良い飲み物とは?飲み方の注意点も紹介

美肌効果に良い飲み物とは?飲み方の注意点も紹介

美肌になるために、健康的で栄養のある食事をしている方が多いかと思います。さらに食事と同じぐらい重要な飲み物にも気をつけてあげることで、美肌効果が期待できるでしょう。

水は美肌効果のある飲み物


美肌になるために、健康的で栄養のある食事をしている方が多いかと思います。さらに食事と同じぐらい重要な飲み物にも気をつけてあげることで、美肌効果が期待できるでしょう。

水を飲むことで代謝や血行促進などさまざまなメリットがあります。美肌効果もあるので、普段から水を飲んでいる方は共通して肌が綺麗です。なぜかというと、肌は体の一番外側にあり、栄養や水分が届くまでは他の臓器の後。水を飲んでいないと、肌まで水分が行き渡ることができず、乾燥肌などの原因になってしまうのです。

コーヒーやお茶はカフェインが含まれており利尿作用があるため排出されやすく、水分補給としてはおすすめできません。普段から水をこまめに飲むことで水分が肌まで行き渡り、血色がよくなるなどの効果が期待できます。さらに、水を飲むことで毛穴対策も行うことも可能です。肌が水分不足の場合、化粧水や保湿クリームで補うことができるのは肌の角層部分のみなので、毛穴の開きやたるみを防ぐことができません。しかし、水分を内側から補うことで、スキンケアでは足りなかった水分を肌に行き渡らせることができます。肌は十分な水分を摂取することでハリ感アップが期待できるので、気になる毛穴も目立ちにくくなるでしょう。

水を飲むことは、肌だけではなく目や鼻の粘膜にも効果があります。逆に水分不足になると、目の乾燥や疲れやすくなるといった原因に繋がるでしょう。また、鼻や喉の粘膜にも水分が足りないことで、繊毛の働きが弱まりウイルスや花粉を体の中にいれてしまいます。水を飲むことで美肌以外にも健康に保つ効果が期待できるでしょう。

美肌効果が高いおすすめの飲み物


お茶は、肌のデトックス効果を高めてくれる働きが期待できます。日本人にとても馴染みのある緑茶にはポリフェノールが含まれており、特に「カテキン」が豊富です。カテキンは強い抗酸化作用を持っているため、肌のエイジングケアにもつながります。

また、カテキンやカフェインには脂質を外に排出する効果があり、脂肪燃焼をしてくれると言われています。食事前や運動前に飲むことで、燃焼効果を高めてくれるでしょう。

ハイビスカスティーは赤色が特徴的な酸味のある紅茶。カリウムが含まれているので、体内の余分な塩分を外へ排出してくれる働きがあり、便秘にも効果が期待できるでしょう。ハイビスカスティーの酸味はクエン酸を含んでいるため、疲労回復や新陳代謝を助ける効果も期待できます。特に代謝を上げてくれる効果があるので、ダイエット中にも活躍してくれるでしょう。

「飲むサラダ」とも呼ばれるマテ茶は、南米で食事のお茶として古くから親しまれています。マテ茶に含まれる豊富なミネラル成分は新陳代謝が上がるほか、腸内環境を整えてくれる食物繊維も豊富です。マテ茶に含まれる「ゲニポシド酸」と呼ばれる成分は、コレステロールや脂質の吸収を抑える効果があるので、食事と一緒にとるとダイエット効果も期待できるでしょう。
ルイボスティーに含まれるSOD酵素は、植物から作られた成分で体内に溜まった老廃物や毒素を身体の外へ排出する効果や活性酵素を除去する効果が期待できるため、美肌対策にもおすすめ。抗酸化作用も含まれているので肌の新陳代謝を高め、エイジングケアにもつながります。ルイボスティーにはカフェインが含まれていないため妊婦さんや子供も安心して飲むことができます。

お茶のほかにも、トマトジュースは女性にとって嬉しい栄養が含まれる飲み物。トマトジュースに含まれるリコピンはエイジングケアや美肌づくりに欠かせません。加熱すると吸収率が高まるので料理に使うのもおすすめでしょう。

美肌効果のある飲み物を飲む際の気をつけたいポイント


美肌効果がある飲み物を飲む場合、飲み方にも気をつける必要があります。温度はホットか常温で飲むことを心がけましょう。体を冷やしてしまうと血流が低下し、肌に十分な栄養を与えることができません。

また、こまめに飲むことも大切です。一気に飲み過ぎてしまうと、取り過ぎた分はそのまま排出されてしまいます。1日の飲むべき量を決めて、こまめに分けて飲みましょう。飲みすぎることによって、栄養素や水分、塩分の過剰摂取に繋がる可能性があります。健康状態にも影響する可能性があるので、適量と飲む量を守ることが必要です。

コーヒーやアルコールを水分補給としているという間違った認識をしている方もいるのではないでしょうか。コーヒーに含まれるカフェインは過剰摂取することで肌を刺激したり、睡眠に影響する可能性があります。コーヒーの1日の量を決めて、夕方から夜にかけてはできるだけカフェイン摂取をしないようにしましょう。

アルコールは、肌の乾燥や炎症を招く原因になります。飲みすぎることで肌だけではなく、体内にも悪影響になる場合もあるので、適量がおすすめです。
TOP
無題ドキュメント