夏は涼しげに!一重に似合うクールなアイシャドウ

夏は涼しげに!一重に似合うクールなアイシャドウ

一重の人はブラウン系など大人っぽい色が似合います。 パステルカラーなどを使うと、肌色によっては目がはれぼったく見えてしまうことがあり、注意が必要です。 ただし夏はクールな寒色系も使ってみたいもの。 一重におすすめの夏に似合うアイシャドウを紹介します。
一重の人はブラウン系など大人っぽい色が似合います。パステルカラーなどを使うと、肌色によっては目がはれぼったく見えてしまうことがあり、注意が必要です。

ただし夏はクールな寒色系も使ってみたいもの。一重におすすめの夏に似合うアイシャドウを紹介します。

寒色系でクールに決めるコツ


ブラウン系など落ち着いたカラーは一重の人によく似合います。ブラウンの濃淡を活かし、立体的な目にすればはれぼったさもなくなりキレイに仕上がるでしょう。

しかし夏はクールな寒色系を使ってみたいもの。一重は選び方さえ間違わなければ、寒色系も似合う色です。寒色系でクールに決めるコツを紹介しましょう。

一重に似合うカラー

一重の人はアイシャドウ選びにも迷ってしまうでしょう。間違った色を使うと、目が膨張して見えたり、小さく見えてしまったりするからです。

そこでブラウンやベージュなど、肌なじみのよい色を選びがちです。しかし一重の人にはブルーやグリーンなど、寒色系も似合うもの。

切れ長のシャープな目には、ブルーがよく映え、クールビューティな雰囲気になれるでしょう。またグリーンならさわやかな印象を与えることも可能です。

はれぼったく見えない塗り方

ブルーやグリーンなど涼しげな色は一重さんにも似合う色なのですが、塗り方次第でははれぼったく見えてしまので注意が必要。

一つはアイホール全体に塗らないことです。アイホール全体に塗ってしまうと、ぼってりとした印象の目に見えてしまいます。厚化粧にも見えてしまうので注意しましょう。

アイホール全体ではなく目を開いたときに少し見える程度に抑えておくのがポイントです。

ブルー系のアイシャドウやアイライナーで引き締める

目元をよりクールに、くっきりと見せるにはアイシャドウやアイライナーを目のキワに入れることです。目のキワと目尻、下まぶたの目尻寄りに数ミリ程度、濃い目の色でラインを入れましょう。

おすすめはネイビーや濃い緑です。涼しげでさわやか、オシャレな印象にもなるでしょう。

はれぼったくなりがちな暖色系アイメイクのコツ


かわいらしいパステルカラーのアイシャドウも素敵ですが、一重の人にとっては難しい色とも言えます。やわらかい色のピンクやオレンジは目がはれぼったく見えてしまうことが多いです。

しかし、アイメイクの方法によってははれぼったさがなくなり、キレイに仕上がります。暖色系のアイシャドウを使う際には、次の点に注意してメイクを仕上げてみましょう。

パステルカラーは目尻にだけ

パステルカラーをアイホール全体に使わず、目尻だけに使うという方法があります。目尻だけのポイント使いなら、目がはれぼったくなることはありません。好みの色を選んで塗ってみましょう。

目尻だけでは物足りない場合は、状態をチェックしながら目のキワに入れてみること。目を開けた状態で少し色が見える程度なら、ぼってりした印象にならずにすむでしょう。

ブラウンやベージュをベースに使う

ブラウンやベージュなど、肌なじみのよい色をベースに使うのもおすすめです。ベージュならオレンジ、ブラウンならピンクなどと合わせて塗れば、ナチュラルではれぼったさも目立ちません。

アイラインで引き締める

アイラインを使うことで、目元を引き締めることができます。ブラックやブラウン、ボルドーなどアイシャドウの色に合わせて濃い色のアイラインを引きましょう。

アイラインはまつ毛の間を埋めるように入れるのがコツ。目尻までしっかり入れるようにしましょう。

肌色に合った色を選ぶ

同じピンクでもブルーがかった色とオレンジよりのピンクがあります。肌色によって似合う色が異なります。

肌色と合っていないと目が膨張して見えることも。目がはれぼったく見えないカラーを選びましょう。

一重に似合う寒色系シャドウでクールに決めよう


ブルーやグリーンなど寒色系も一重に似合う色です。そういった色のアイシャドウを使えば、涼しげでクールな印象になるでしょう。

アイシャドウの使い方やアイラインの入れ方をマスターし、知的な雰囲気の女性になりましょう。

TOP
無題ドキュメント