タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

日傘の効果とは?選び方のポイントと交換時期の目安も解説!

日傘の効果とは?選び方のポイントと交換時期の目安も解説!

太陽の日差しが強い夏は、ちょっとでも日焼け対策をサボってしまうと、後悔することに……。そんな時に、日傘があるとヘアスタイルをキープしながら、日焼け対策をおこなえますね。早速、日傘の効果と選び方についてチェックしていきましょう♪

太陽の日差しが強い夏は、ちょっとでも日焼け対策をサボってしまうと、後悔することに……。そんな時に、日傘があるとヘアスタイルをキープしながら、日焼け対策をおこなえますね。早速、日傘の効果と選び方についてチェックしていきましょう♪

日傘にはどんな効果があるの?

「日傘には日焼けを防ぐ効果」があると言いますが、具体的にはどのような効果があるか知っていますか?なんと、日傘には2つの有害な光からお肌を守る効果があります。そんな優秀な夏の定番アイテム、日傘のメリットについてチェックしてみましょう。

怖い紫外線からお肌を保護できる

UVカット加工が施されている日傘には、紫外線をブロックする効果があります。紫外線はたるみ、くすみ、シワを招くと言いますから、これらからお肌を守れると安心ですよね♪

ただし、日傘によってUVカット率が違うため要注意!傘を差しているから「日焼け対策はバッチリ」と安心していると、お肌を傷めてしまいます。UVカット率が100%に近い日傘を選んでくだいね♪

可視光線からお肌を守る

日傘には可視光線をシャットアウトできる、うれしい効果もあります。実は、この可視光線は真皮層の奥まで波長が届くので、お肌の老化を加速化させる原因に!つまり、紫外線よりも、はるかにお肌に与えるダメージが大きいのです。

厄介なのは、この可視光線の存在がわかったのはごく最近なので、知らない方が多いということ……。外出する時には、日傘を利用することを習慣化しましょう!

日焼け効果の高い日傘の選び方は?

とりあえず、日傘を差していれば、紫外線と可視光線を防げると考えていませんか?ところが、どの日傘でも同等の効果を得られるわけではありません。なので、日傘を選ぶポイントを押さえるだけで、紫外線や可視光線のカット率をグーンとアップできちゃいます♪

UVカット率と遮光率の高さをダブルチェックしよう!

紫外線と可視光線からお肌を守るためには、UVカット率と遮光率が高い日傘を選びましょう。なぜなら、UVカット率がどんなに高くても、可視光線率が低いと、有害な光からお肌を守れないからです。

人体に有害な光を少しでも浴びるのを防ぐには、生地が紫外線と可視光線をダブルカットできる素材であるか確かめましょう!UVカット率と遮光率が99%以上の日傘がおすすめですよ♪

カラーによって効果が違う?

「黒い日傘のほうが淡いカラーのものより紫外線カット率が高い」と言いますね!たしかに、濃い色合いの日傘のほうが、紫外線を通しにくいのは本当です。その理由は、黒い日傘は光を熱として吸収するのに対して、淡い色のものは光を反射してブロックするからです。

ただし、黒い日傘を使用したからと言って、四方から差し込む光を100%シャットアウトするのは無理ですよね。しかも、日差しが厳しい日中に黒い傘を使用すると、熱がこもって熱中症の原因になることも!?

日焼け対策と日除けのダブル効果がほしい時には、「UVカット加工」と表示されている、淡いカラーの日傘を選びましょう。白やベージュの日傘では、ちょっと心配という方は、内側の布地が黒地になっているものをおすすめします。

裏地も要チェック!

表地の色は気にしても、裏地はノーマークという方も多いですね。実は、日傘の裏地は表布と同じくらい、紫外線を予防するうえで大切な役割があるのです。なぜかと言いますと、アスファルトから照り返された光がお顔を直撃する危険があるためです。

また、日傘が反射した光が、お顔に跳ね返ってくる可能性もあります。そのため、日傘の内側は光を吸収する効果が高い、黒い布地のタイプが理想的です♪頭上と地上から来る光をダブル予防する効果が高まりますよ!

古い日傘は十分な効果を得られないって本当!?

みなさんは同じ日傘を何年間も使っていませんか?まだ、使えるからもったいないと、古い日傘を使っていると、本来の効果が半減することも……。早速、日傘を買い替えたほうが良い時期を確認してみましょう。

日傘の買い替えの目安は2年〜3年

日傘を交換した方が良いタイミングは、2年〜3年です。私も日傘愛用者ですが、予想に反して日傘の寿命が短いことにびっくりしています(゚o゚;;実際に、デパートの傘売り場で店員さんに話を聞いてみると、多くの方が古くなった日傘を買い替えずに、何年も使い続けているそうです。

なぜ日傘を買い替える必要があるの?

日傘を定期的に交換しなければならない理由は、「UVカット加工」が半永久的に持続する加工ではないためです。つまり、一定の年数を経過したものは「UVカット加工」が剥がれてしまいやすく、日傘としての本来の役割を果たさなくなってしまいます。

なんら日傘の役目を果たさない傘を差していても、ただの荷物にしか過ぎませんね。古い日傘を愛用している方は、ぜひこの機会に新しい傘に買い替えましょう。

賢く日傘を選んでUVカット効果をUPしよう

ちょっとしたポイントを押さえて日傘を選ぶだけで、紫外線と可視光線のカット効果がUPします。ただし、使用してから2年以上が経っている日傘は、これらの効果を得られない可能性もあります。いくつになっても、若々しい肌をキープするためにも、ご紹介したポイントを押さえて日傘を選んでくださいね♪

TOP